シークレットkuniパウダーガイド偵察2021

待望の大寒波襲来。今日も吹雪の天気予報でしたが、それほど悪い天気ではなさそうなのでシークレットkuniうらやまの様子を偵察してきました。久しぶりの初バックカントリーですから、冬山の感覚をまずは取り戻さなければです。

昼間でも気温はマイナス10度以下でしょうから、降雪中の4~50センチのパウダースノーはふわふわです。ラッセルもまったく苦にならない軽さです。新しく購入したゴム手袋は快適でした。

思ったより悪い天気ではなくて、中之条町のチベット?までやって来ました。吹雪で視界がいまいちでしたが、まだ藪が出ているのがわかります。

坊主山への最後の登りでは雪が深すぎて苦労しながらも、頬に当たる風はとても心地よく感じました。冬山モードな体に適応できたかな。

山頂からいよいよ初滑りです。もちろん豪快なイメージからは程遠いです。まだ雪が締まっていないので恐る恐るでしたが、小さな斜面で気持ちよくテレマークターンするのがやっと。今シーズンも安全にツアーを楽しみたいです。

まだまだ積もりそうな今回の大寒波。今日の積雪でも地形によっては雪崩の注意が必要でした。いよいよBCシーズンが始まりましたね・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

シークレットkuniパウダーガイド偵察2021 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 続々続ある日の偵察2021 | 野反湖うらやまガイド・山雨海風のウラヤマな日々

コメントを残す