ぐんま県境稜線トレイル大高山BC偵察2021

今日は群馬県境稜線トレイルの山、大高山へ。バックカントリーというより山スキーと言った方がいいピークハントを目的としたコースです。

雪崩注意箇所の一つ石下部をトラバース。大寒波の頃に起こったと思われる新雪表層雪崩の痕がありました。大きな雪庇は残っていないので安心して通過です。

一つ石周辺はバックカントリーエリアとして結構いい斜面があります。でも天気がいい日が続くと南面なのでパウダーが長持ちしないのがちょっと残念。

歩き出しが午前9時頃と遅かったのでピークハントにこだわっていなかったのですが、せっかく天狗平まできたので最後まで頑張ることに。

次回はこちらダン沢の頭方面へ偵察に来たいと思います。

風もなく天気もいいので、気温上昇でスキーは高下駄状態。一歩一歩が重いです。

苦しいので時々振り返っては山頂を目指します。

大高山頂午後1時とうちゃこ。純白の白砂山が出迎えてくれましたよ。

八間山方面も。

帰りの滑降は腐れ雪に苦労しながらも、1時間半で下山。やっぱりスキー登山は下山がスピーディーなのが醍醐味です。

午後3時、山里の小倉集落から大高山BC偵察を振り返りです。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す