第9回チャツボミゴケ公園スノーシューハイキング2021

昨日の雨の日から一転、今日は冷たい北風がビュービュー吹く冬晴れの日となりました。ぐしゃぐしゃな腐れ雪で足跡だらけだったコースは、夜半に舞った新雪が昨日の痕跡を隠すように綺麗に白くリセットしてくれていました。

そして今日のチャツボミゴケの緑の輝きが、昨日とまた違う新鮮な印象を受けるのは気のせいでしょうか。それとも昨日降った雨のおかげで、チャツボミゴケの生態に小さな変化があったのでしょうか。

休眠状態に入っている森の木々や草花とは違って、温泉沢の流れの中で生息しているチャツボミゴケは、厳冬期でも成長を続けています。2013年2月の調査の時に、生態調査に立ち合ったことがありますが、その時は1ヵ月で2センチ成長していたことを想い出します。

昨日の雨で融けた雪がまた凍って大きなツララが出来ていました。

今日もたくさんの発見があり、ゲストさんとともにスノーシューハイキングを楽しみました。

今週も大寒波の日が続くようで、まだまだパウダースノーが楽しめるチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングツアーです。

如月キャンペーンとともにぜひたくさんの方に楽しんでいただけたらと思います。お問い合わせ、ご予約はこちら旅なかのじょうからです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す