続々続々続々如月のある日のBC偵察2021

やっと寒気が南下して寒くなってきたのを実感です。今朝までに少し積雪があったようで、プチパウダーを楽しむことが出来ました。

気が付いたらもう2月下旬。暖かい春の日も待ち遠しいですが、パウダーが楽しめる極寒な日も名残惜しくなります。

今日はアバレン坊平までハイクアップしてAコース(エアジン)を偵察してきました。シークレットkuniうらやまで唯一今年まだ一回も滑ってないところです。

昨シーズンは滑ってないので、久しぶりに訪れましたが、北向きなので今日はいい雪が溜まってました。これでほぼ全コースを偵察できました。

ところで、先日2月13日の深夜、東北で震度6強の地震がありました。その時群馬でも震度4くらいあったようで、北向きの急斜面で大きなクラックが入っているのを翌日のガイドで発見していました。今日そこでさらに新たな全層雪崩やクラックが入っているのを発見しました。どうやらその後の暖かい日が続いたおかげで、地震で受けた雪の断層が大きく動いたようです。

今までこの時期にこの斜面でクラックや雪崩は見たことないです。否!3.11の時にもっと大きなクラックがあったのみです。 今週末のガイドのための偵察だったので、これは大変参考になりました。知らずに上部から急斜面を滑って来ても、たぶんクラックは見えないでしょう。

今週末もまだまだパウダースノーが楽しめそうです。安全第一でガイドしなければです。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す