2021夏ぐんま県境稜線トレイルDエリア野反湖~渋峠縦走トレ安全点検

7月4連休3日目、午前5時半。野反湖キャンプ場のバンガロー村てっぺんにある三壁山登山口をスタート。山頂手前からや高沢尾根からの野反湖の風景が登りの苦労を忘れさせてくれます。

ところでこの時期のトレイルは、登山道沿いの草藪の露対策が重要です。この日は昨日の雷雨で登山道沿いの草藪はたっぷり露に濡れてました。こんな時は面倒がらず早めにレインウエアを履くことをお薦めします。あっという間に下半身はびしょ濡れになって、靴の中までびしょ濡れになるのがそんなに時間はかかりませんでした。お昼ごろになるとズボンとかは乾いたけれど、靴の中の不快感は、結局ゴールの渋峠まで我慢しなければでした。

三壁山6時半通過。カモシカ平7時10分通過。ニッコウキスゲを期待してきましたが、今年は残念ながらたくさん咲かなかったようです。その代わり笹原の中にカモシカの獣道らしき痕を発見。

1965m峰、7時39分通過。1965m峰は山と高原地図や2万5千図で位置を確認できますが、トレイル上の標柱はオッタテ峰なので勘違いしないようにご注意ください。この前後では2019年秋の台風19号の倒木被害が生々しく残っていて、災害時の大自然の底知れぬパワーを感じることが出来ます。そして前方に大高山が見えてきました。

大高山2079m8時03分着、小休止。山頂から少し下り始めると、天狗平が眼下に眺められます。野反湖からカモシカ平、そしてこの天狗平の地形は、今はなき白砂火山の時代のあとに起こった野反湖断層と呼ばれる大きな地殻変動によってつくられたものだと、専門が地質の知り合いの方に教えてもらったことがあります。後日送ってもらった資料によれば、それは約700万年くらい前の話です。まったく気の遠くなるような時間軸ですが、この今ある山や森、湿原といった美しい風景が長い間かかってできたものだと想像すると、緑に覆われていて一見地味ですが地球が創り出した大自然の造形だと実感します。

稜線の登山道沿いでバイケイソウがたくさん咲いていました。五三郎小屋の前の水場にも一本ありました。途中、五三郎小屋でビバークしたという二人組とすれ違いました。夜半ずっと雨だったので、小屋の中にテント張ったそうです。「気味が悪いという噂が流されていますが?」と聞くと、屋根があるのは有難かったと話していました。

五三郎小屋のある水場入り口の標柱は熊にかじられて判読不能でした。現在地の把握を間違えないように注意が必要です。

小高山9時05分通過。小高山も熊にやられて判読難しいです。小高山の苔むした針葉樹の森を抜けると伸びやかな笹原がオッタテ峠へと続いていきます。オッタテ峠9時20分通過。オッタテの峰9時36分通過。ダン沢の頭10時7分着、小休止。

ダン沢の頭付近では雲が湧いて視界不良になりましたが、少し下ると深いガラン谷の彼方にゴールの横手山が姿を現しました。湯の沢の頭から赤石山までは二重山稜の地形になっていて、この辺りも複雑な地殻運動によってつくられた稜線なんだと想像できます。

この辺りの根曲竹は、登山道がなければ100m進むのにどれだけの時間がかかるのかわからないような強烈な太さです。湯の沢の頭の手前に小さなビバーク適地と湿地があって、ここだけほっと一息つける癒しの空間です。

そして、仙人池と呼ばれている池塘までくれば、赤石山はもうすぐそこです。赤石山11時50分着、大休止。先日のロケ以来の大沼池です。さすがに赤石山は志賀高原からの登山者が何組も登ってきます。今までの秘境感はどこかへ消えてしまいました。

山頂から横手山が眺められますが、まだまだゴールの渋峠の道のりは遠いです。午後12時10分出発。

赤石山から登山道の笹刈り整備は済んでいましたが、かなりバテてきていたのでここからは体力的につらい歩きでした。四十八池分岐午後1時30分通過。鉢山午後1時40分通過、小休止。草津峠午後2時通過。

横手山スキー場のゲレンデに出たのが午後2時40分。なんとか予定通りの時間でたどり着けそうです。ここまで来ると道路を走るバイクの音やリフトの放送などが賑やかに聞こえてきました。

横手山午後3時15分通過。そして予定通り迎えが待つ渋峠に午後3時30分とうちゃこ。Dエリアを縦走するなら、やっぱり渋峠から野反湖へ歩いたほうが楽だと実感した10時間でした。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す