志賀高原登山道調査 Jul 1,2022

2022年7月1日午前5時の横手山山頂は、すっかり夏山モードです。朝日がもうすでにギラギラと燃えて濃い影とのコントラストをつくっています。 今日も肌を焦がすほど元気いっぱいのようです。

夏山のこの時間がなんといっても最高な気分が味わえます。でも午後からは雷注意報も出ています。前回は午前中から遠雷に脅かされましたが、今日はどうなることやら。

その時登った岩菅山です。裏岩菅山もきれいに眺められました。岩菅山直下の岩稜にはミヤマダイコンソウの花が咲いていました。

そして笠岳も、北アルプス連峰をバックにピラミダルで秀麗な姿を惜しげなく見せてくれました。

赤石山山頂午前8時。志賀高原の宝石、大沼池です。ここまで誰にも会わなかったです。ゆっくりと一人景色を楽しみながら、静かな時間を過ごさせていただきました。

岩陰にひっそりと白い花も咲いていました。

赤石山から野反湖へと続くぐんま県境稜線トレイルへと足を踏み入れます。池塘にはまたまた白い宝石?モリアオガエルの鳴き声は聞こえてきませんでした。

湯の沢の頭からダン沢の頭、オッタテ峰、オッタテ峠、小高山、五三郎小屋分岐と過ぎていよいよ大高山山頂というところで、天狗平が良く見渡せる景色のいい場所に出ました。梅雨明けが早かったからでしょうか、天狗平の池が枯れかかっていました。赤石山からの大沼池のようではなかったですが、その違いが興味深いですね。

天狗池は残念でしたが、まだまだ美しい風景や生き物に出逢いました。大高山からカモシカ平の間の登山道で出逢った蝶。ヒョウ柄がこれまたとても美しい。

そして白い花。

巣立ちしたばかりなのかまだ飛べない小鳥。2羽いました。

天狗池と違ってこちらは満々と青い水を湛える天空の湖、野反湖。ようやくここまで歩いてきたという安堵感とともに眺めいります。

最後は黄色い花が出迎えてくれました。宮次郎清水はすっかり枯れていましたが、黄色い花たちは瑞々しく咲き誇っているようでした。

ブナの実も膨らみ始めているのに驚きました。この辺りは熊さんも出没注意です。野反湖午後1時20分とうちゃこ。もちろん赤石山から野反湖までも、全く誰にも会いませんでした。この時間ではまだ雷雲の気配もなく、今日は雷に脅されずにホント良かった。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す