大平湿原~芳ヶ平~渋峠バックカントリー(2014年1月10日のオムスビ山)

140110omusubi04

 

上の写真でラッセルしてるのはもちろん僕です。

どんな気持ちで歩いているかはっきりとは忘れたけど、

この素晴らしい斜面をどう滑るかワクワクしていることには間違いないでしょう。

(バックカントリースキーヤーならだれでもなはず・・・)

140110omusubi02

この斜面はもう25年くらい前から滑ってきたところで、

仲間内ではオムスビ山と呼んでいます。

大平湿原から眺めるとオムスビみたいだからとその時の誰かが言い出しました。

140110omusubi03

気持ちよさそうなシュプールでしょ!

自分が滑ったシュプールをゆっくりと振り返られることも、

バックカントリーの醍醐味です。

140110omusubi05

1月初めのこの時期だと、まだ1日の陽がとても短くて、

晴天の昼でも空気は頬に凍てつく冷たさで、

雪もサラサラです。

140110omusubi01

今夏は草津白根山の噴火活動が活発になったようで、

万座道路や志賀草津道路などの通行規制でかなり不便な思いをしました。

来冬もおそらく、草津スキー場のロープーウエイ山頂駅から、

芳ヶ平へのツアーコースは閉鎖でしょう。

でもご心配なく。

スキーやスプリットボード、スノーシューで麓から歩いていけばいいです。

スキーやボードなら帰りは滑って帰れるので早いしラクだし楽しいです。

140104secret06

野反湖うらやまガイドのローカルなバックカントリーエリアは、

25年来歩き回ってきた庭です。

14~15シーズンに向けて楽しいバックカントリーガイドの、

いろいろな妄想が膨らんできました・・・・

カテゴリー: バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す