ウロコテレマークスキー利尻山1周時計回り(2011年、2012年)

野反湖うらやまガイドIMG_3352

こんな幻想的な景色は今まで見たことありません。

しばらくは、あっけにとられて眺めていました。

気流によって薄い雲の模様が刻一刻とドラマティックに変化していきます。

大自然が織り成す壮大なアートに出逢えました。

野反湖うらやまガイドIMG_3361

2012年4月15日午後12時15分過ぎから10数分間、

鬼脇スキー場から入山して南稜をハイクアップ中の出来事だったと思います。

野反湖うらやまガイドIMG_3362

利尻ローカルのバックカントリースキーヤーだって珍しい光景ではなかったでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_3205

上の写真は前日に利尻山を時計回りにウロコテレマークスキーで1周した時のもの。

鬼脇市街上部標高5~600m付近を通過中です。

万年雪が残るというヤムナイ沢が真正面に見えます。

野反湖うらやまガイドIMG_3227

ウロコテレマークスキーの機動力を生かして、

利尻山を2度ばかり1周しました。

360度グルリとまだまだ知られていない楽しい斜面がたくさんありますよ。

野反湖うらやまガイドIMG_3279

アワビ岩を見つけました!

不思議な自然の造形物。

ひょっとして利尻島の漁民から海の願う豊漁を神様として奉られているのでしょうか?

野反湖うらやまガイドIMG_3327

2011年春に長官ピークから滑りこんだオビヤタンナイ沢川が見えます。

北アルプスの沢みたいにスケールのでかいロケーションでした。

ゲストの方から、

いつか利尻のバックカントリーガイドをお願いとリクエストをいただいています。

野反湖うらやまガイドIMG_3207

自分の足で登ってこそバックカントリーの世界は広がると思います。

利尻バックカントリーでも同様です。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

ウロコテレマークスキー利尻山1周時計回り(2011年、2012年) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Nakanojo Gunma~Rishiri Backcountry | 野反湖うらやまガイド・山雨海風のウラヤマな日々

コメントを残す