野反湖周辺の山々のバックカントリーの魅力

大胆な構図で白砂山をカシャッ!

大胆な構図で白砂山をカシャッ!

大胆な構図で白砂山をカシャッ!

これまで人跡未踏に近い場所だったこの浜土井の尾根からは、

右に左にうっとりするような山々の表情が次から次へと・・・

こんな素晴らしい大自然が人知れず眠っていたとは、

さすが中之条KUNIバックカントリーです。

モルゲンロートに輝く浅間山

モルゲンロートに輝く浅間山

いかに白砂川源流域が簡単には人を寄せ付けない、

懐深い大自然であるかということです。

白砂山から上ノ間山へと続く稜線

白砂山から上ノ間山へと続く稜線

上ノ間山の手前にある大きな尾根は猟師の尾根ですネ。

展望のない浜土井から来た道を振り返る…

展望のない浜土井から来た道を振り返る・・・

昨日の吹雪で積もった数センチのパウダースノーが、

テン場から浜土井まで気持ち良くテレマークターンでダウンヒルさせてくれます。

あっという間に滑り降りた浜土井の三角点ピーク。

残念ながらコメツガや岳樺の木々で視界不良。

三角点があるからには展望が利くと踏んでいたのですが・・・

浜土井の直径1mはあるコメツガの巨木

浜土井の直径1mはあるコメツガの巨木

でもそこには立派なコメツガが一人、

森の王の存在感を漂わせていました。

熊剥ぎでしょうか?

熊剥ぎでしょうか?

初めは熊の仕業かと近づいてみましたが、

どうやら違和感があります。

いえいえ雷に打たれて立ち枯れたコメツガ

いえいえ雷に打たれて立ち枯れたコメツガ

大自然の剥き出しの荒々しいエネルギーが伝わります。

元気だったコメツガの大木も一瞬で枯れ木にされてしまいます。

2日目は大快晴に恵まれました。

谷川・尾瀬方面の山々

谷川・尾瀬方面の山々

陽が高くなれば春の陽気。

テントの外に雪の食卓を作ってゆっくり朝食。

そして下山途中に、白砂川の渓谷を挟んで幾重にも重なって見える山々。

一つ一つを同定してみます。

奥野反三山 堂岩山・八十三山・大倉山

奥野反三山
堂岩山・八十三山・大倉山

奥野反三山の堂岩山と八十三山、大倉山は、

200名山である白砂山の陰に隠れてしまっているのと、

八十三山と大倉山には登山道が無いという決定的な理由で、

まったくマイナーな山域です。

これら3つの山を1日で軽快にスキー縦走するBCツアーは、

野反湖うらやまガイドのお薦めコースです。

ただし経験者向き。

野反湖キャンプ方面の山々 手前から三壁山、大高山稜線、岩菅山

野反湖キャンプ方面の山々
手前から三壁山、大高山稜線、岩菅山

そして野反湖の奥にあるキャンプ方面の山々。

楽しいツリーランのコースがいくつもあります。

こちらも道路開通前ならMTB&SKIで、

道路開通直後ならバックカントリー初心者からガイドします。

秋山郷・鳥甲山

秋山郷・鳥甲山

4月下旬になればもちろん白砂山も日帰りできるようになります。

またエビ山、カモシカ平、大高山なども、

山旅感ムンムンのツアーコースです。

まずは来て観て耳を澄まして歩いて滑って感じてください。

野反湖うらやまガイドのバックカントリーは、

こんな素晴らしい大自然を相手にガイドができることに、

大きな喜びを感じています・・・

カテゴリー: ジャズ, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

野反湖周辺の山々のバックカントリーの魅力 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: これから秋が深まる白砂山@ぐんま稜線トレイル | 野反湖うらやまガイド・山雨海風のウラヤマな日々

コメントを残す