浅草岳・守門岳バックカントリー

 

浅草岳雪崩回避のシークレットコース

浅草岳雪崩回避のシークレットコース

 

積雪期浅草岳のルートはいくつかありますが、

上の地図にあるGPSの軌跡が残っているルートは、

だれも歩いたことないはずです。

というのも2007年3月18日、この日は一般ルートが危険だと天候判断して、

地図で安全そうな地形を選んで進んだからです。

山頂はもちろん私たちだけ

山頂はもちろん私たちだけ

 

かすかな記憶ですが、前日から昨夜未明まで大雪だったようで、

当日も良い天気ではなかったのでしょう。

そうでなければこんなルートを選ぶはずはありません。

エビのしっぽ

エビのしっぽ

 

山頂のエビのしっぽが前日の暴風雪を物語ってくれてます。

ラッセルは深かったようです…

ラッセルは重かったようです…

 

植生や地形などを読んで安全なルートを探して進むのは、

実は相当気力・体力が要りますね・・・

でも良い経験だったかもです。

守門岳を滑りまくる・・・

守門岳を滑りまくる・・・

 

超ド迫力な巨大雪庇で知られる守門岳。

また積雪量の多さから雪の砂漠と形容されたりもします。

山頂でガスが綺麗にとれて・・・

山頂でガスが綺麗にとれて・・・

 

2007年3月21日の記録です。

この時は雪も落ち着いていたのでしょうか、

結構楽しめたようです。

気持ちよさそう!

気持ちよさそう!

 

条件がうまく整えば超ラッキー!

でも与えられた条件の中でいかに安全に楽しく滑るか、

ガイドとしては肝に銘じなければいけません

3月下旬、まだまだ楽しめます。

上信越の名山を滑るバックカントリーは3月中旬から5月中旬までいけます!

 

野反湖うらやまガイドでは、野反湖スキーツアー(初心者、初級者向け)と、

野反湖スキーツアー小屋泊を募集中です。

美味しそうです・・・

シュプールを振り返って満ち足りた気分・・・

 

また浅草岳バックカントリーツアーと、

守門岳バックカントリーツアーのお問い合わせ・申し込みもこちらからです。

カテゴリー: バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す