爆弾低気圧通過後の野反湖トレッキングガイド下見

野反湖うらやまガイドIMG_5427

朝9時に野反湖に上がってきた時は大荒れの天気でしたが、

昼を過ぎるとやっと上の写真みたいに青空が広がってきました。

それでも秋山郷は真っ白白けです。

まるで厳冬期の野反湖、冬型の気圧配置のバックカントリーツアーの雲です。

野反湖うらやまガイドIMG_5396

そして、目の覚めるような紅葉です。

まだ緑っぽいミズナラの葉と鮮やかなコントラストです。

ここはどこ?

明日のお楽しみのために秘密です。

野反湖うらやまガイドIMG_5413

野反湖もウサギが元気よく飛び跳ねてましたが、

少しずづ白波がおさまってきました。

知床の海が突然荒れだしたときのことを思い出します。

カヤックだったら、

ただ必死に漕ぐしか、

他になす術がないという状況です。

転覆したら冷たい海の中でどれだけ耐えることができるか、

想像しただけでも恐ろしい。

野反湖うらやまガイドIMG_5426

そんなことより、水たまりになった木橋の排水工事が現実的な問題です。

長靴がこんなに大活躍するとは。

運動靴の人はこれで濡れずに済むはずです。

野反湖うらやまガイドIMG_5430

野反湖の下見の後、シングルトラックMTBの野反古道の下見もしておきました。

午後を回るほどに、里に下山するほどに、

小春日和な日差しが気持ち良い天気に恵まれました。

明日は、弁天山から富士山も見えるし、

エビ山から白砂山も見える・・・はずです。

さらに、この週末から10月中旬まで、

野反湖の紅葉はベストシーズンです。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す