稲包山トレッキングガイド

野反湖うらやまガイドIMG_6391

稲包山頂からの越後側の景色です。

苗場スキー場が見えます。

右に三国峠、左に三坂峠。

三坂峠は四万温泉からかつて街道があったようですが、

今はまったく藪に埋もれて消失しています。

四万の渓谷を挟んで栂の頭です。

野反湖うらやまガイドIMG_6402

そして、コシキノ頭。

野反湖うらやまガイドIMG_6403

スルスノ頭の稜線の向こうは、なんと堂岩山~八間山の稜線ですよ。

野反湖うらやまガイドIMG_6405

双眼鏡でよく見ると、笹原を刈払われた登山道がわかります。

浜土井の尾根もこちら側に伸びてます。

野反湖うらやまガイドIMG_6404

上ノ倉山の向こうには白砂山がチラリと顔を覗かせてます。

稲包山の中之条町側のパノラマを堪能してきました。

みなかみ町側は送電線が張り巡らされてちょっと・・・ね。

野反湖うらやまガイドIMG_6355

稲包山、いい山ですね。

四万温泉に一泊しての、のんびりトレッキングガイドもいいですが、

コースはいろいろレイアウトできます。

今夏、群馬県境稜線100㎞トレイルが全通オープンしますが、

早朝野反湖をスタートして白砂山、上ノ間山、忠治郎山、上ノ倉山と歩いてきて、

この稲包山の頂から自分の辿ってきた稜線を振り返るのはなかなかいい気分かも・・・

70204ina01

2月の稲包山頂です。

猛烈な風でした。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

稲包山トレッキングガイド への2件のフィードバック

  1. 舞鶴おかもと のコメント:

    おはようございます、舞鶴おかもとです。
    お久しぶりです。
    いよいよ雪が降りはじめて、ワクワクしてきますね〜〜。

    稲包山、今頃がベストシーズンですね。
    あったかい時に行くとヒルに噛みつかれまくりです。
    山頂で血まみれの登山者を何人も目撃しました。
    私は長靴で行きましたが、長靴の中までヒルにはいりこまれていました。
    分厚いアンダーのおかげで噛まれはしませんでしたが・・・。
    今頃なら安心ですね。
    三国スキー場側からだとヒルもいないようです。

    ちなみに、冬は、天候の荒れた日は三国スキー場跡はお手軽な遊び場でたいへんよいです。
    トップから何度も貸切コースを滑るもよし、さらに奥地に分け入るもよし、けっこう遊ばせてもらえます。
    ただし、南向きなので、天気が良くなると妖怪板挟みがあっという間に出現してしまいます・・・。

    さて、立山への出動はいつにしようかと板を磨いているところです、ムフフ。

    • 山雨海風 のコメント:

      おかもとさん、お久しぶりです。お元気そうですね。またテレマークスキーの季節が近づいてきましたが、今シーズンはどんな初滑りの年になるのかワクワクします。お手軽な遊び場!ですが、廃墟となったスキー場の施設がいつまでも残されているのは気持ち悪いですが、ここはすっかり更地に戻されていて、旧三坂峠越えの街道を彷彿とさせてくれるような苗場スキー場からの稲包山登山ルートは、なかなか楽しい山歩きができました。ここはきっと20年後にはもとの自然の姿に戻って、どこにゲレンデがあったかわからなくなってしまうでしょうが、まだ当分遊ばせてくれるからご安心を。ついでに夏の山は山ビルには注意が必要ですが、六合村の山もまだ大丈夫ですからご安心を。昨日は秋山郷越えのMTBのロングツアーでした。野反湖のバンガローに泊まったんですが、朝一面真っ白い雪がサランラップくらいの薄さで積もってました。帰りの渋峠越えの車窓からは、北アルプスが雪化粧しているのも確認できました。おかもとさん、ほんとパウダーの季節はもうすぐ目の前ですね・・・

コメントを残す