ぐんま県境稜線トレイル野反湖~大高山縦走


野反湖うらやまガイドIMG_0944_r

カモシカ平から西の稜線トレイルが整備されたと聞いたので、

野反湖から大高山を縦走して開善学校へ降りるルートで調査してきました。

新規開通区間の白砂山~三坂峠も手ごわいけど、

既存ルートの野反湖~赤石山もなかなか手ごわいですよ!

何がって?

野反湖うらやまガイドIMG_0948_r

高沢山手前の分岐です。

おそらく昨年秋の台風による倒木がよりわかりにくくしていますが、

ごっちゃになっている案内板をよくご覧ください。

初めての人はきっと迷いそうになるでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_0977_r

そしてこの問題の案内板です。

カモシカ平と大高山の間の2万5000の地形図だと1965mポイントです。

なぜここがオッタテ峰なのか?

紛らわしいです!

(昭和48年発行六合村史にはオッタテ峰はダン沢の頭の南の一つしかないです。)

この後さらに赤石山へ縦走される方は、

ダン沢の手前にもう一度オッタテ峰があることを覚えておいてくださいね。

野反湖うらやまガイドIMG_0984_r

ところで、稜線の日本海側は濃い樹林でなかなか景色が楽しめませんが、

時々このように岩菅山から烏帽子岳の稜線が垣間見えます。

野反湖うらやまガイドIMG_0988_r

大高山山頂は残念ながらガスでまったく景色が楽しめませんでしたが、

少し小高山方面へ下がればこのように天狗平が眺められたりします。

美しい湿原です。

野反湖うらやまガイドIMG_0999_r

小高山へと続く稜線です。

野反湖うらやまガイドIMG_1008_r

そして、ビバーク適地の五三郎小屋です。

昭和37年設置なので、55年ものですから、薄気味悪いのは仕方ないでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_1009_r

キャンプ適地じゃなくてビバーク適地ですからお間違えないように。

小屋の前には水が流れていますが、茶釜沢というんだそうです。

沢を下っていくと、きっと茶釜のような滝つぼがあるんでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_1036_r

この場所も非常に迷いやすい案内板が立ってました。

刈られた笹の中に落ちていたオッタテ峠の小さな看板。

これがなければここがどこだか初めての人は混乱してしまうかも。

野反湖うらやまガイドIMG_1045_r

馬止の登山口にはこのようにオッタテ峠と書かれています。

なのに着いたその場所のどこにもオッタテ峠と書いた案内板がなければ、

混乱しますよね。

野反湖うらやまガイドIMG_1039_r

一ツ石からの眺めです。秋色ですね。

ぐんま県境稜線トレイルの野反湖~大高山~赤石山を初めて歩く方は、

案内板に惑わされないようしっかり地図と磁石、さらにGPSをお忘れなく!

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

浅間山前掛山登山道が3年以上ぶりに解禁!

野反湖うらやまガイドIMG_0728_r

車坂峠から表コースを登って草滑りを降りて湯の平へ。

野反湖うらやまガイドIMG_0731_r

すっきりとした秋晴れとはいかないけれど、

流れるガスの切れ目から垣間見る風景はいつも移り変わっていくので、

これはこれで楽しいです。

野反湖うらやまガイドIMG_0765_r

樹林帯を抜けるとイタドリの草紅葉が始まっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0766_r

平日とはいえ、たくさんの登山者で賑わっていました。

またいつ噴火警戒レベルが上がるかわからないので、

みなさんお早めに!

野反湖うらやまガイドIMG_0773_r

前掛山付近まで登ってきましたが、

3年以上前の時の風景と変わっているところはなかったです。

野反湖うらやまガイドIMG_0777_r

目に見える噴火の被害はなかったようですね。

野反湖うらやまガイドIMG_0784_r

でもやっぱりこれからも、

危なそうなときはいつでもすぐに噴火警戒レベルを上げてくださいね。

野反湖うらやまガイドIMG_0789_r

噴火した時のリスクを背負ってまで登りたいとは思わないです。

野反湖うらやまガイドIMG_0810_r

帰りはJバンド経由で黒斑山外輪山を歩いて中コースで下山しました。

野反湖うらやまガイドIMG_0819_r

8月18日にJバンドで遭難があったようです。

草滑りもJバンドも滑落には要注意です。

またくれぐれも落石は起こさないように!

野反湖うらやまガイドIMG_0835_r

群馬県境稜線トレイルの白砂山が眺められました。

野反湖うらやまガイドIMG_0823_r

今日は、山地図調査でした・・・

野反湖うらやまガイドIMG_0886_r

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ぐんま稜線トレイル白砂山登山・2018秋山情報

野反湖うらやまガイドIMG_0522_r

朝、野反湖から雲海の浅間山が。

野反湖うらやまガイドIMG_0523_r

天気がもちそうなので白砂山稜線トレイルへ。

野反湖うらやまガイドIMG_0532_r

ハンノキ沢の橋を応急処置。

また大水が出たら流されるでしょうが、

それくらいの方が壊れるよりいいのかもしれません。

野反湖うらやまガイドIMG_0547_r

オオシラビソの倒木は枝を刈りはらったら通行可に。

野反湖うらやまガイドIMG_0533_r

蜘蛛の巣がたくさん見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_0548_r

そして、コケが萌え萌えです。

野反湖うらやまガイドIMG_0587_r

今日の白砂山はガスが湧いたり晴れたりでした。

野反湖うらやまガイドIMG_0593_r

登山者は全部で6人で、なぜか全員30代から40代の男女でした。

野反湖うらやまガイドIMG_0627_r

この夏は、

堂岩山から白砂山までの区間では笹が登山道を覆い隠しているところが多かったので、

登山者は朝露や雨露で全身ずぶぬれになりました。

真夏の頃は濡れてもすぐ乾きましたが、これからの季節はそうはいきません。

草刈り整備が入ったので、

これで何とか濡れずに稜線トレイルが快適に歩けるかなって思います。

野反湖うらやまガイドIMG_0638_r

3日前に来た時と比べると見違えるほどの色づきです。

今週末には稜線の紅葉はそろそろ見頃を迎えることでしょう。

もう稜線トレイルはすっかり秋です。

日没も早くなり気温差も大きいですので、

白砂山登山の方はどうぞしっかりした装備で安全第一登山をお願いします。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ぐんま稜線トレイル・上ノ間山~赤沢山ボッカ

野反湖うらやまガイドIMG_0420_r

ハンノキ沢の橋が流されていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0421_r

長靴の僕は浅瀬をひょいひょいと渡れましたが、

登山靴の場合は完全に濡れてしまうので裸足で渡渉です。

野反湖うらやまガイドIMG_0431_r

シラビソ尾根ポイント付近で今度はオオシラビソの倒木です。

野反湖うらやまガイドIMG_0430_r

右わきから抜けます。

野反湖うらやまガイドIMG_0510_r

そんな苦労もありましたが、

白砂山登山道は誰一人遭う人もなく静かな森の雰囲気が楽しめました。

野反湖うらやまガイドIMG_0448_r

小さな木の実や秋の花の最終ランナーたちにも癒されました。

野反湖うらやまガイドIMG_0481_r

今日は予想外の天気のよさに誘われて白砂山から2.8㎞先の赤沢山まで行ってきました。

行きはガスで視界不良でしたが、帰りはみるみるガスが晴れてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0504_r

振り返れば、上の間山から赤沢山、忠治郎山、

そして上の倉山までの稜線が眺められました。

野反湖うらやまガイドIMG_0505_r

野反湖から三坂峠までエスケープルートのないロングトレイルです。

野反湖うらやまガイドIMG_0506_r

登山経験の豊富な体力のある上級者向けのコースであることは間違いないです。

安全第一で無理せず楽しみたいです。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

一雨ごとに秋深まる芳ヶ平湿地群トレッキングガイド

野反湖うらやまガイドIMG_0317_r

今日の渋峠午前10時半の気温は12度。

やっぱり下界との気温差違います。

久しぶりの渋峠はすっかり秋モードでした。

今のところ雨は大丈夫そうですが・・・

野反湖うらやまガイドIMG_0321_r

とりあえず塔の池のオタマジャクシ君たちの様子を見に行ってきました。

毎年変わらず彼らの元気な姿を見ることができてほっとひと安心。

野反湖うらやまガイドIMG_0322_r

午前10時45分頃、トレッキングガイドスタート!

野反湖うらやまガイドIMG_0330_r

今年はナナカマドの実がたっぷりです。

こんな年は大雪になるそうですが、

大きな期待をしないでバックカントリーシーズンを楽しみにしたいです。

野反湖うらやまガイドIMG_0337_r

芳ヶ平湿原の頃、ついに雨粒が落ち始めました。

結局、雨の中でお弁当を食べて、土砂降りの桜清水、長平坂を下りました。

大沢川の渡渉は危険と判断して、草津温泉へ下山。

野反湖うらやまガイドIMG_0338_r

無事安全に下山出来て、今日のゲストの皆さんに大感謝です。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

雨降りの日のチヤツボミゴケ公園~水池散策コース

野反湖うらやまガイドIMG_0283_r

チヤツボミゴケじゃないですよ!

野反湖うらやまガイドIMG_0282_r

穴地獄にはチヤツボミゴケじゃないコケもいろいろと観察することができます。

でもやっぱりコケの中でもチヤツボミゴケの輝きは素晴らしいです。

野反湖うらやまガイドIMG_0285_r

まさに今、萌え萌え状態です。

野反湖うらやまガイドIMG_0284_r

ただ残念な場所もありました。

というのも大雨が降り過ぎて濁流が流れた痕があり、

流れの強いところではチヤツボミゴケが流されてしまっていたり、

土砂や枯葉や枯枝などのゴミがチヤツボミゴケを生き埋めにしている場所がありました。

野反湖うらやまガイドIMG_0287_r

初めて訪れた観光客の方には一目見ただけではきっとわからないでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_0290_r

でもいかがでしょう!7月8月のカンカン照りの猛暑の頃からは想像もつかないほど、

素晴らしい状態に戻りました。

今日も感動でした。

雨降りの日のチヤツボミゴケ公園の雰囲気も好きです。

でも困りものなのは、

ポスターや絵葉書と比べたい人や昔自分が見たという過去のことばかり言う人です。

そういった方々は、きっとこれから先ずーっと、

何度チヤツボミゴケ公園に来られても満足して帰ることはできないかもですね・・・

野反湖うらやまガイドIMG_0306_r

水池の周りの木々は色づき始めていました。

長靴履いて傘をさしてレインウエアを着て歩けば、

雨降りでも歩きやすいです。

今日は水池までで引き返してきましたが、

今度渋峠からチャツボミゴケ公園まで降りてくるコースをガイドするのが楽しみです。

野反湖うらやまガイドIMG_0296_r

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

忠治郎山日帰りボッカ

野反湖うらやまガイドIMG_0149_r

三坂峠から県境稜線トレイルをゴーウエストです。

四万川渓谷の彼方には中之条盆地が眺められました。

水の神様が祀られている稲包山は中之条や吾妻の里人たちの信仰の山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0150_r

一昨日はまったく気付かなかったというか、

こんなに大きくなったのはあっという間だったのか、

ツキヨタケがびっしり。

野反湖うらやまガイドIMG_0154_r

1563m付近までがんばればこれから目指す忠治郎山が見えてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0164_r

1766mポイント手前のコメツガの森の急坂を頑張れば笹平です。

セバトの頭が見えてきました。

セバトの頭から水場入り口、ムジナ平を快調に過ぎ、

第2の急坂は大黒の頭への九十九折れです。

野反湖うらやまガイドIMG_0200_r

振り返れば谷川岳まで果てしなく続く稜線トレイルの山々が眺められます。

野反湖うらやまガイドIMG_0173_r

上ノ倉山を通過していよいよ忠治郎山を目指します。

野反湖うらやまガイドIMG_0184_r

上ノ間山付近の稜線の向こうに浅間山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0183_r

白砂山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0182_r

堂岩山の向こうに横手山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0187_r

忠次郎山への最後の登り。

野反湖うらやまガイドIMG_0190_r

忠治郎山山頂は樹林の中なので展望はないですが、

こんな大自然のコケ盆栽に癒されました。

野反湖うらやまガイドIMG_0206_r

これなんだかわかりますか?

登山道脇のブナの木です。

ブナの実大好きの熊さんの食べた跡ですので、

登山者はくれぐれも熊さんとの遭遇にご注意ください。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする