晩秋の芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコース

野反湖うらやまガイドIMG_2108_r

今朝の芳ヶ平展望台午前7時、気温1度。

野反湖うらやまガイドIMG_2126_r

塔の池も初氷が薄く。

野反湖うらやまガイドIMG_2133_r

芳ヶ平湿原へと降りる登山道は霜柱がびっしり。

野反湖うらやまガイドIMG_2145_r

落ちたナナカマドの実が氷漬けです。

野反湖うらやまガイドIMG_2160_r

ゴゼンタチバナ。

野反湖うらやまガイドIMG_2187_r

木道は霜が降りて滑りやすいところがあり、

かなり危険なところもありました。

野反湖うらやまガイドIMG_2188_r

素晴らしい景色に見とれて歩いていたら即転倒です。

野反湖うらやまガイドIMG_2210_r

ここぞという景色に出逢ったら立ち止まってから眺めましょう。

野反湖うらやまガイドIMG_2203_r

美味しそうな赤い実。

野反湖うらやまガイドIMG_2205_r

こちらも完熟です。

野反湖うらやまガイドIMG_2218_r

今日はさすがに誰にも逢わないということはなくて、

芳ヶ平湿原で2人の方とすれ違いました。

また桜清水の上下で4人。

大平湿原で20人ほどの団体さんなど・・・

野反湖うらやまガイドIMG_2226_r

一昨日はガスで何も見えなかったですが、

今日の稜線トレイルは最高なパノラマが楽しめたことでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_2294_r

のんびり歩いてチヤツボミゴケ公園穴地獄に午後2時半着。

草津温泉を17時半のバスで帰京されるゲストの方は、

ゆっくり温泉で疲れを癒して夕ご飯を食べる時間があります。

お疲れ様&大変ありがとうございました。

野反湖うらやまガイドIMG_2275_r

ところで、穴地獄にはたくさんの小さな羽虫が飛び回っていました。

これって雪虫かな?

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

2018錦秋のノゾリチャツお散歩ツアー

野反湖うらやまガイドIMG_2056_r

野反湖の岳樺の葉っぱはもうほとんど散ってしまい、すっかり初冬の装いです。

そんな中、まだ秋を名残惜しむかのようにひっそりと、

マツムシソウが咲き残っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2060_r

そして、ハクサンフウロの真紅もゲストの皆さんを喜ばせてくれました。

野反湖うらやまガイドIMG_2059_r

ところ変わって、チヤツボミゴケ公園の紅葉は今が見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_2073_r

標高2152mの渋峠では初雪がほんの少し積もったようです。

野反湖うらやまガイドIMG_2080_r

標高1250mの穴地獄周辺でも気温は10度以下です。

野反湖うらやまガイドIMG_2099_r

チヤツボミゴケ公園の売店ではもうストーブの暖房が欠かせなくなっています。

野反湖うらやまガイドIMG_2072_r

カエデやツツジの紅葉に映えるチヤツボミゴケグリーンが今、最高に素晴らしいです。

野反湖うらやまガイドIMG_2095_r

2018シーズンのこの萌え萌えのピークは、いったいいつ頃までかな?

見届けたいです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

白砂山ラーメンごちそうさまでした!

野反湖うらやまガイドIMG_7036_r

北海道の今日は雪景色だったそうですが、

この雪景色はどこ?

野反湖うらやまガイドIMG_7046_r

ちょうど1年前の今日の野反湖は雪景色だったんです。

野反湖うらやまガイドIMG_7047_r

楓の紅葉が雪化粧です。

野反湖うらやまガイドIMG_2023_r

ところで今日は白砂山トレッキングガイドでした。

なななんと!ゲストの方にホカホカのあったかラーメンをゴチになっちゃいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2020_r

雪は降らないまでもすっかり初冬モードの山頂ラーメンは最高ですね。

野反湖うらやまガイドIMG_2024_r

残念ながら稜線トレイルのパノラマはガスのために楽しめませんでしたが、

しっとりとした初冬の山の雰囲気を存分に味わうことができました。

野反湖うらやまガイドIMG_2028_r

下山途中になって堂岩山からの下りで天気が良くなり始めて、

野反湖が霧のベールの中から突然現れました。

野反湖うらやまガイドIMG_2034_r

大倉山もすっかり葉が落ちた森の向こうに垣間見えます。

しかしながらこの時このつかの間の晴れ間が疑似好天だったとは気付かなかったです。

予定通り午後3時半白砂山登山口にゴール。

するとタイミングを計ったかのようにポツポツときて、

やがて本降りの冷たい雨が落ちてきました・・・・

野反湖うらやまガイドIMG_6149

一昨年の秋の白砂山です。

晴れていればこんなロケーションでした。

今日のゲストの皆さん、お疲れ様&大変ありがとうございました。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

完熟の秋色に染まる芳ヶ平湿地群

野反湖うらやまガイドIMG_1897_r

朝のあいさつで渋峠ホテルのフルーツ屋台売りさんからも、

今日の秋晴れの一日に大きな期待が感じられましたが、

これからチヤツボミゴケ公園まで歩く僕たちももちろん同様です。

野反湖うらやまガイドIMG_1896_r

この一週間でググっと群馬の芳ヶ平湿原が完熟の秋色に染まりましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_1939_r

ナナカマドの実と白砂山稜線です。

もう、いつ真っ白に冠雪してもおかしくない季節になってしまいました。

もうすぐバックカントリーの季節かと思うと1年が早いなとつくづく感じます。

野反湖うらやまガイドIMG_1952_r

標高1600mの大平湿原は黄金色に染まる落葉松林が今まさに旬です。

野反湖うらやまガイドIMG_1997_r

今年はなかなかすっきりした秋晴れの日がないのですが、

今日はそんな貴重な一日となりました。

野反湖うらやまガイドIMG_2001_r

今年の紅葉はそんな例年とは違う天候を反映して、

早いところと遅いところがまだらな感じです。

ということで、

けっこう長く、これから遅くまでダラダラと楽しめるのかもしれません。

野反湖うらやまガイドIMG_2013_r

そして、ゴールのチヤツボミゴケ公園穴地獄では、

元気いっぱいの萌え萌えなチヤツボミゴケ君たちが、

目の覚めるようなチヤツボミゴケグリーンで待っていてくれます。

今日は最高なトレッキング日和でした。

皆さん、お疲れさま&大変ありがとうございました。

カテゴリー: エコツアー的, グルメ, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

芳ヶ平湿地群環境学習ロケガイド

野反湖うらやまガイドIMG_1834_r

日本標高最高地点で生息しているモリアオガエルのオタマ君です。

渋峠塔の池の朝の気温3度。

水温とPHを計ってみました。

野反湖うらやまガイドIMG_1832_r

見えにくいですが、8.2度でした。

人間だったら低体温症です。

オタマ君はこれから冬を越す準備ができているのでしょうか・・・

野反湖うらやまガイドIMG_1824_r

芳ヶ平湿地群は活火山の影響をうけた特異な生態系が見られんだそうですが、

地熱が両生類の冬眠条件や生息条件を確保してくれているのかもしれません。

野反湖うらやまガイドIMG_1841_r

芳ヶ平湿原の紅葉はピークを過ぎて、

そろそろ冬枯れの様相も色濃く感じられるようになってきました。

ヒュッテでは冬ごもりの準備が忙しく行われていました。

野反湖うらやまガイドIMG_1844_r

大平湿原の落葉松の森の黄葉は今が見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_1852_r

平兵衛池の水面に映る二等辺三角形の森影が、

今にも水面を破って池の主の竜神が現れ出てきそう・・・

ところでこの平兵衛池の水温を測定してちょっと気になることが。

野反湖うらやまガイドIMG_1853_r

大池も水池も水量はいつもと変わらない平常な状態なのに、

平兵衛池だけが満水状態でしかも水温が18.8度です。

ちょっと気になるので、これは継続調査ですね。

野反湖うらやまガイドIMG_1855_r

大池ではカルガモの親子の姿が見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_1872_r

こちらチヤツボミゴケ公園穴地獄です。

源泉からは強酸性の温泉が湧出しています。

野反湖うらやまガイドIMG_1875_r

萌え萌えな穴地獄のチヤツボミゴケグリーンは、

周辺の森の木々や草花の紅葉の深まりとともに今年最高の見頃です。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

最高の秋晴れに恵まれたぐんま県境稜線トレイル

野反湖うらやまガイドIMG_1712_r

一ツ石から少し歩くと白砂山稜線が眺められる展望スポットがあります。

白砂山から上の間山までのぐんま県境稜線がわかりますか?

野反湖うらやまガイドIMG_1713_r

そして天狗平も・・・

野反湖うらやまガイドIMG_1714_r

約2時間で馬止登山口からオッタテ峠に到着。

標識が消失していたので新しいのを設置してきましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_1718_r

オッタテ峠からダン沢の頭の間に新しい熊さんの落とし物です。

ぐんま県境稜線トレイルを歩かれる方は、

常に熊さんとの不意打ちな遭遇は避けるように注意してくださいネ。

野反湖うらやまガイドIMG_1728_r

ダン沢の頭からしばらく進むと槍ヶ岳が見えました。

わかります?

野反湖うらやまガイドIMG_1738_r

横手山の右側奥です。

野反湖うらやまガイドIMG_1741_r

眼下にはガラン沢温泉が湧いている場所がありますヨ。

野反湖うらやまガイドIMG_1744_r

湯の沢の頭手前にはこのようなビバーク適地があります。

標識がないので登山者がわかるように簡易なものを設置してきました。

野反湖うらやまガイドIMG_1748_r

いよいよ赤石山への急坂を登り、

最後のあたりで振り返ると岩菅山稜線や苗場山、佐武流山が眺められます。

野反湖うらやまガイドIMG_1754_r

仙人池まで来れば赤石山はもうすぐそこです。

野反湖うらやまガイドIMG_1760_r

馬止登山口を午前7時前にスタートしてちょうど正午に赤石山到着。

8人のゲストさんを今日はガイドしましたが、

ほぼ予定通りのコースタイムでした。

野反湖うらやまガイドIMG_1764_r

エメラルドグリーンの大沼池のあまりの美しさが、

これまでの稜線トレイルの疲れを癒してくれます。

野反湖うらやまガイドIMG_1772_r

ぐんま県境稜線トレイルは紅葉真っ盛りです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

紅葉のシングルトラックkuni古道下見

野反湖うらやまガイドIMG_1699_r

久しぶりにMTBです。

ヒルクライムでペダルを漕ぐのも楽しいです。

野反湖うらやまガイドIMG_1679_r

レッドカーペットな極上のシングルトラックかと思いきや・・・

黒い爆弾が!

野反湖うらやまガイドIMG_1678_r

熊さんのウンコでした。

どうやら2頭の子ずれがこの辺りをウロウロしているようですが、

これは子熊のウンコと思われます。

野反湖うらやまガイドIMG_1697_r

明後日のMTBガイドは熊さん親子に突然出逢わないように注意が必要ですね。

ところで今日はラッキーなことがありました。

野反湖うらやまガイドIMG_1698_r

お昼はなんと松茸御飯でしたよ。

小学生のころ食べた思い出があったので、

数十年ぶりでしょうか・・・

野反湖うらやまガイドIMG_1673_r

とってもいい香りでした。

もちろん六合村産です・・・

カテゴリー: エコツアー的, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする