第6回シークレットkuniパウダーガイド2021

2021シーズンのシークレットkuniパウダーガイド6回目は、ヒュッテをベースにした2日間のツアーでした。天気予報に翻弄されながら当日を迎えましたが、2日目はなんと20センチのパウダーにも恵まれて、ゲストの皆さんにはパウダースノーを存分に楽しんでいただけて良かったです。

1日目は前日に偵察した雪が柔らかいところを中心に4本滑りました。小雪が舞う中で視界が悪かったりもしましたが、誰にも逢わない静かなシークレットkuniのツリーランを楽しみました。

そして翌朝、ヒュッテの周りにはしんしんと降り続いている前日からの雪が20センチも積もっていました。

2日目も気温高めで、ハイクアップは薄着になっても汗びっしょり。雪になるか雨になるかきわどい天気予報だったようで、ほんとうに当日になって見なければわからないです。

1本目の狙いのラインはそこしかありません。ドロップポイントへは、今回のゲストの皆さんとは暗黙の了解で向かいました。

昨日までのシュプールの痕はすべてリセットされたノートラックの大斜面に、それぞれが自由に飛び込んできます。

今日も誰にも逢わない静かなシークレットkuniのパウダーを楽しみました。

そして次のコースへハイクアップです。

こちらは南向きなのですぐに雪が腐ってしまいますが、今日はまだまだフレッシュパウダーです。

ここもそれぞれが思い思いのコース取りでシュプールを描いていました。

午前中でパウダーもお腹いっぱい。そして縦走コースで下山。

最後の長いメローな斜面が、2日間のツアー最後のお楽しみです。

このあとはのんびり迎えの車が待っているゴール地点のボトムへ。

午後3時半には下山の予定だったのが、ちょっと遅れて午後4時過ぎに下山。というのも途中、カラマツの深い森の中に迷い込んでしまうというキツネにつままれたようなリングワンデリングしてしまいました。後から思えばパウダーの夢の世界から現実の世界にいきなり戻らされたような体験でした。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

続々続々ある日の偵察2021

今日はわかりにくい天気でした。気温が思ったより高めで暖かかったです。ただ終日標高2000m付近はガスに覆われていたので、雪が腐りにくかったということが明日のガイドにとってささやかな救いでした。

といっても、BCガイドにとってはなかなか手厳しいコンデョションです。

なんとか楽しめそうな斜面をいくつか見つけられて、今日の偵察は小さな収穫ありでした。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ぐんま県境稜線トレイル大高山BC偵察2021

今日は群馬県境稜線トレイルの山、大高山へ。バックカントリーというより山スキーと言った方がいいピークハントを目的としたコースです。

雪崩注意箇所の一つ石下部をトラバース。大寒波の頃に起こったと思われる新雪表層雪崩の痕がありました。大きな雪庇は残っていないので安心して通過です。

一つ石周辺はバックカントリーエリアとして結構いい斜面があります。でも天気がいい日が続くと南面なのでパウダーが長持ちしないのがちょっと残念。

歩き出しが午前9時頃と遅かったのでピークハントにこだわっていなかったのですが、せっかく天狗平まできたので最後まで頑張ることに。

次回はこちらダン沢の頭方面へ偵察に来たいと思います。

風もなく天気もいいので、気温上昇でスキーは高下駄状態。一歩一歩が重いです。

苦しいので時々振り返っては山頂を目指します。

大高山頂午後1時とうちゃこ。純白の白砂山が出迎えてくれましたよ。

八間山方面も。

帰りの滑降は腐れ雪に苦労しながらも、1時間半で下山。やっぱりスキー登山は下山がスピーディーなのが醍醐味です。

午後3時、山里の小倉集落から大高山BC偵察を振り返りです。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

続々続ある日の偵察2021

今シーズンの初バックカントリーは昨年12月の16日でした。今日は1月20日だから、早いものでもう一ヶ月と数日が過ぎてしまいました。昨日の地吹雪から一転、風も穏やかで透き通るような青空にも恵まれて、最高のBC日和でしたが、いつの間にか日も伸び、寒暖差もはっきりしてきて、パウダーはというとなかなか複雑なコンディションとなってきました。

3日ほどゆっくりしたので、今日は頑張ってヘリシュートを滑ってきました。先シーズンは行ってないので、久しぶりです。

ヘリシュートには大きな期待をしていたのですが、風の影響をまともに受けているのか、ちょっと残念な感じでした。

続いてP尾根へ。ここも2年ぶりです。なかなかいい感じでパウダーが残っていました。ただ複雑な地形なのでスッキリとラインをつなぐことが出来なくて、なかなか難しいです。

最後に頼みの綱としていたCコースとDコース。午後の日をしっかり浴びた腐れ雪だったりして、今週末のガイドは悩ましいです・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

極寒の万座パウダースノーシュー2021

万座という地名には、あまたの人が集う場所という云われがあるそう。縄文遺跡も発見されていて、厳冬期は極寒のこんな山奥でも古い時代から人が住んでいたようです。なるほど縄文人にとっても温泉はありがたいもの、万座という地名には納得させられます。

今日は嬬恋村万座温泉観光協会主催の万座天然カラマツ母樹林案内人養成講座に参加させていただいて、 そんな万座に今も大切に保護されているカラマツの巨木の森をスノーシューで歩いてきました。マイナス15度の極寒でした。

さて母樹林とは、カラマツ人工林の種子を採取するための母なる木です。1956年にはこの万座のカラマツの種子がドイツにも移植されたそうです。そして1962年にドイツのR.ショハー博士がこの万座のカラマツ母樹林を視察して感激したそうです。

母樹林になるような木は、幹がまっすぐ伸びて樹形も美しい大きな木です。でもなぜかそれ以上に感動させてくれるような木は、幹も枝も暴れ放題な木なのはどうしてでしょう。

これはこぶの木です。こぶの形がいいですね。どんな形に見えますか?最後に見た仁王松というのが、もっとも感動的でした。

スノーシューでガイドするコースとして今回の講座で天然カラマツ母樹林を案内していただいて、万座温泉エリアの新たなバックカントリーの魅力を知ることが出来てとても有意義な一日でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

続々ある日の偵察2021

樹林越しに八間山から白砂山が綺麗に眺められました。葉っぱがすべて落ちた冬ならではの景色です。今日は県境稜線の山々のバックカントリーコースのアプローチ区間をMTBで偵察に入りました。

ここしばらく山里には雪が積もってないので、予想以上に雪解けが進んでいました。というわけで、スキーは出動せず早めに偵察終了。その代わりにMTBの冬コースの偵察です。完全凍結したナメ床の沢に出逢えました。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする

第5回シークレットkuniパウダーガイド2021

不気味な暗雲が迫ってきました。ハイクアップをはじめて30分くらいまでは、薄いブルーの青空だったのが嘘のようです。

ようやくたどり着いた山頂では、南風が強く吹き始めていました。スキーモードにチェンジしているわずかな時間に小雪が舞い始めて、いよいよ一本目を滑る頃には次第に視界も悪くなりました。雪面もまったくわからないので、慎重に滑ります。

それにしても、ここ数日天気が良過ぎて暖かったので、特に南向き斜面の悪雪はひどいものでした。ただ日が当たらない斜面にはまだパウダースノーが残っていることもわかったので、少し安堵です。

2本目では少し視界も良くなって、パウダーな斜面を選んで滑ります。一度厚さ5センチ以上のモナカ雪にあえなく撃沈させられました。

3本目はロングコースで標高差350mを一気にダウンヒル。ちょっとした斜面の向きや斜度で雪質が変わる複雑な地形を上手に読んで滑りました。

この頃も吹雪でしたが視界も少し良くなって、2本目に滑ったコースで学んだ経験を生かして、メンバーそれぞれがここぞと思う斜面に飛び込みました。全員パウダーが十分に楽しめたようで今日はこの一本で大満足。

お昼を過ぎたので縦走コースの下山にかかります。ゲストさんの一人は一昨年の秋にトレッキングでガイドさせていただいた方で、冬のこの絶景も見てみたいとのことで参加されました。

下山がてら4本目は標高1800m付近から1600m付近までの気持ち良い斜度のコース。

もうパウダーはありませんでしたが、締まった雪の上に降ったばかりの新雪が薄く積もっていて、とても楽しい斜面でした。これは予想外の雪質の良さでした。

しかしながら、いよいよこれから天気がめまぐるしく変化する毎日が続きそうです。美味しいパウダー斜面に出逢うためにますます悩ましい日々が始まりそうです・・・

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする