台風19号通過後の角落山女坂コース2019

野反湖うらやまガイドIMG_8859_r

二度上げ峠からの浅間山。

野反湖うらやまガイドIMG_8860_r

そして四阿山。

今回の台風は嬬恋村方面に大きな傷跡を残したようですが、

四阿山の登山道がどうなっているか心配です。

野反湖うらやまガイドIMG_8862_r

鼻曲山もどうだろう?

野反湖うらやまガイドIMG_8864_r

浅間隠し山は登山道入り口からいきなり台風の小さな傷跡が。

いやはや、どこの山も多かれ少なかれ台風被害がありそうなので、

どれも片っ端から歩いてみなきゃですね。

でもそういうわけにもいきません。

トリアージじゃないですが、自分の都合での優先順位順です。

野反湖うらやまガイドIMG_8886_r

ということで、今日は今年まだ登っていない角落山を歩いてきました。

もちろん女坂コースです。

野反湖うらやまガイドIMG_8874_r

まずは女坂コース登山口までの林道がすごい被害でした。

ただ林道全体が抜けてしまうような地滑りはなかったので、

歩行者やMTBなら大丈夫です。

野反湖うらやまガイドIMG_8876_r

林道の補修は相当時間がかかると思うので、

しばらくは林道のアプローチで車を使用することは不可能です。

野反湖うらやまガイドIMG_8883_r

登山口も大水が出たようで、奥の駐車場広場手前で林道が寸断されていました。

野反湖うらやまガイドIMG_8895_r

でも登山道は一か所倒木があったくらいで大したことなくて、

ほとんど台風被害はなかったです。

野反湖うらやまガイドIMG_8904_r鎖場の滑落危険個所も見た目よりも歩きやすかったです。

野反湖うらやまガイドIMG_8908_r

以前調査した時よりも足場がしっかりしてきたので、

むしろ思ったより安全に感じたくらいです。

野反湖うらやまガイドIMG_8916_r

ところで、この辺りの落葉広葉樹林の森は素晴らしいです。

野反湖うらやまガイドIMG_8919_r

崩落の激しい山域なので安全に注意しないといけない山ですが、

これから紅葉の深まっていく時期にぜひのんびりと楽しみたい山です。

野反湖うらやまガイドIMG_8922_r

剣の峰を超えて霧積温泉へ抜けるコースもいいですね。

野反湖うらやまガイドIMG_8929_r

山頂からは先日登った高ジョッキが見えました。

あちらからこちらも良く見えました

野反湖うらやまガイドIMG_8933_r

紅葉は11月初旬頃かな?

野反湖うらやまガイドIMG_8946_r

帰りの林道はMTBのおかげで快適でしたが、泥だらけになりました。

野反湖うらやまガイドIMG_8947_r

川でさっぱり・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

いよいよ紅葉が見ごろなノゾリチャツお散歩ツアー2019

野反湖うらやまガイドIMG_8823_r

ノリウツギの黄色く染まった草紅葉が笹原に良く映えます。

野反湖うらやまガイドIMG_8831_r

岳樺のクリーム色の幹も野反湖の風景を特徴付けてくれています。

野反湖うらやまガイドIMG_8832_r

富士見峠付近は南からの湿った風でガスが次々と湧いて視界不良でしたが、

大空堀沢のお散歩ロードは青空で僕たちを歓迎してくれました。

野反湖うらやまガイドIMG_8820_r

午後はチャツボミゴケ公園へ。

野反湖うらやまガイドIMG_8842_r

野反湖は昨日から一日で紅葉が少し進んでいるのを感じましたが、

チャツボミゴケ公園は一昨日から2日もたったので、

紅葉が一段と進んでいるのがわかりました。

野反湖うらやまガイドIMG_8858_r

チャツボミゴケグリーンも綺麗です・・・・

野反湖うらやまガイドIMG_8850_r

カテゴリー: 未分類 | コメントする

霧のベールが幻想的な秋の野反湖2019

野反湖うらやまガイドIMG_8794_r

台風19号が去った後、一気に紅葉が進んでいます。

この日の野反湖は冬型っぽい天気でとても寒かったです。

野反湖うらやまガイドIMG_8782_r

夏の頃ならニッコウキスゲの黄色ですが、今はノリウツギの黄葉です。

野反湖うらやまガイドIMG_8783_r

うっすらと霧のベールに覆われて何とも言えない幻想的な風景です。

野反湖うらやまガイドIMG_8791_r

野反湖の中はくぼ地のような地形だったからでしょうか、

見る限りでは倒木等台風の風の影響は見られなかったですが、

稜線トレイルの倒木が心配です。

野反湖うらやまガイドIMG_8801_r

こちら暮坂高原の牧水古道の倒木です。

野反湖うらやまガイドIMG_8812_r

まさに山嵐という表現がぴったりくるような森の荒廃した姿に驚きました。

野反湖うらやまガイドIMG_8805_r

まだまったく情報が入ってこないですが、

土砂崩れや地滑りなどによる登山道の危険個所などがこれからとても心配です。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする

台風19号の傷跡が生々しいノゾリチャツお散歩ツアー

野反湖うらやまガイドIMG_8678_r

台風19号の雨風のせいでしょうか、ナナカマドの葉っぱも実もスカスカです。

野反湖うらやまガイドIMG_8680_r

野反湖名物の岳樺の黄葉もすべて散っちゃったので今秋はスルーです。

でも美しい景色です。

野反湖うらやまガイドIMG_8693_r

花はマツムシソウが一輪だけ咲き残っていましたが、

その一輪だけで今日のゲストさんは野反湖の花の美しさに感動されていました。

ぜひ初夏の頃のニッコウキスゲが咲き乱れる野反湖へご招待したいと思いました。

野反湖うらやまガイドIMG_8695_r

そして今日は、

ボランティアの方が大勢で笹原の草刈りをしてくださっていましたが、

来年はさらにたくさんのニッコウキスゲをはじめ色とりどりな高山植物が

咲き誇ってくれるでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_8694_r

午後は台風被害が心配なチャツボミゴケ公園へ。

野反湖うらやまガイドIMG_8701_r

温泉大滝のチャツボミゴケ君はかろうじて滝の壁にしがみついて頑張っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_8705_r

湯滝の下のチャツボミゴケ君たちも頑張った!

野反湖うらやまガイドIMG_8743_r

流されたり土砂に飲まれてしまったりした箇所もありましたが、

穴地獄の大半のチャツボミゴケの絨毯は大丈夫でした。

野反湖うらやまガイドIMG_8744_r

各地にまだまだ深刻な被害を出している今回の台風19号ですが、

チャツボミゴケ公園はなんとかこれくらいの痛手で済んで良かったかなと思います。

野反湖うらやまガイドIMG_8748_r

今日やっと吾妻線が中之条まで運行できるようになりましたが、

中之条から長野原草津口駅まで代替バス輸送でした。

そんな状況で今日のゲストの方は首都圏方面から来ていただいて、

大感謝です・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

今年最大の台風19号襲来前日の芳ヶ平湿地群トレッキングガイド

野反湖うらやまガイドIMG_8559_r

そろそろ氷の張る季節です。

2152mの塔の池のオタマジャクシ君たちも焦り始めていることでしょう。

カエルになれなかったモリアオガエルのオタマジャクシ君たちは、

冬は越せるのかな・・・

野反湖うらやまガイドIMG_8574_r

渋峠午前8時40分スタート。

明日いよいよ今年最強の台風19号がやってくる前の、

これが嵐の前の静けさでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_8595_r

芳ヶ平湿原はもちろん僕たち独り占めです。

野反湖うらやまガイドIMG_8596_r

岳樺やカラマツの黄色とナナカマドの紅葉がオオシラビソの緑に映えて、

ゲストさんと一緒に秋の芳ヶ平大劇場を存分に楽しみました。

野反湖うらやまガイドIMG_8617_r

メジャーな紅葉の名所で一番いいベンチを独占して、

のんびり座ってお弁当が食べられるところは、

きっと今日の芳ヶ平湿原しかなかったに違いないでしょうネ。

野反湖うらやまガイドIMG_8609_r

そして芳ヶ平ヒュッテで食後のコーヒーです。

野反湖うらやまガイドIMG_8628_r

おしゃべりの楽しい時間はあっという間に過ぎて、

あまり遅くなると雨が心配なので、

正午にはヒュッテを辞して下山です。

野反湖うらやまガイドIMG_8634_r

大平湿原もカラマツが黄金色で僕たちを迎えてくれました。

野反湖うらやまガイドIMG_8637_r

大沢川の渡渉午後1時通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8650_r

四辻午後1時40分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8657_r

チャツボミゴケ公園午後2時40分とうちゃこ。

明日からの台風19号襲来でキャンセルキャンセルと残念な連絡ばかりの中、

とにかく今日は雨にやられず充実したガイドでした。

野反湖うらやまガイドIMG_8666_r

最後にとんでもないサプライス!

えっ、こんなところで、って場所で、

なななんと、クロサンショウウオのクロちゃんに出逢えました。

彼らの変わった生態をほんのちょっぴり知れました・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

台風19号前の絶好の秋晴に恵まれたロングトレイル2019

野反湖うらやまガイドIMG_8282_r

旧三国スキー場登山口を午前5時48分スタート。

朝日に輝いて黄金色に輝くブナの森の急登を頑張ると、

甘い香りのキノコがすがすがしい秋の空気とともに出迎えてくれました。

旧三坂峠分岐午前6時50分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8328_r

初めての稜線トレイル三坂峠~野反湖にチャレンジするゲストさんは、

日が暮れないうちに歩きとおせるかとても心配していましたが、

そんな不安もどうでもよくなるくらいにあまりにも素晴らしい秋空に恵まれました。

野反湖うらやまガイドIMG_8331_r

笹平からまだまだ先の目標である上の間山や白砂山がはるか遠くに眺められます。

野反湖うらやまガイドIMG_8334_r

四万川源流域の笹原が朝日に照らされて眩しいくらいです。

笹平午前8時35分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8348_r

今日はきっと多めの水分補給が必要になるかもしれないので、

ムジナ平の水場によってペットボトル1本分の水を補給しておきました。

岩の間からしみ出てきたばかりの岩清水です。

これが利根川へと最終的に合流する白砂川の最初の一滴です。

野反湖うらやまガイドIMG_8350_r

ただし水場への往復はこんな感じの藪漕ぎです。

山は藪漕ぎが嫌いでも必要不可欠な技術です。

野反湖うらやまガイドIMG_8373_r

水場午前9時通過。

ムジナ平午前9時20分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8381_r

ムジナ平から大黒の頭への急登を頑張れば、いよいよ標高2000mの稜線漫歩です。

野反湖うらやまガイドIMG_8382_r

富士山もずっと僕たちを見守ってくれていました。

野反湖うらやまガイドIMG_8386_r

白砂川源流域です。

野反湖うらやまガイドIMG_8405_r

浅間山です。

野反湖うらやまガイドIMG_8406_r

清津川側からの白砂山です。

野反湖うらやまガイドIMG_8408_r

上の倉山10時通過。

次に目指す忠次郎山です。

そして忠次郎山午前10時40分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8461_r

お昼休憩を予定していた上の間山にはちょうど正午にとうちゃこ。

振り返ると辿ってきた赤沢山と忠次郎山の稜線トレイルが眺められます。

野反湖うらやまガイドIMG_8478_r

20分ほど休憩していよいよ後半戦スタート。

ロングトレイルはまだまだ続きます。

野反湖うらやまガイドIMG_8490_r

大涸堀沢の大熊岩もカラフルに着飾っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_8502_r

熊の遊び場から稜線トレイルを振り返ります。

白砂山午後1時30分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8519_r

堂岩山午後2時30分通過。

野反湖うらやまガイドIMG_8535_r

野反湖午後4時24分とうちゃこ。

これからやってくる台風19号がとっても心配ですが、

とにかくこれ以上ないくらいの天気に恵まれて、

充実のトレッキングガイドでした・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

管峰縦走MTB&トレッキング2019

野反湖うらやまガイドIMG_8215_r

須賀尾峠に管峰のトレッキングマップが新しく設置されたので、

さっそくMTB&トレッキングで縦走してみました。

管峰を午前7時半、MTBで万騎峠目指してGO!

野反湖うらやまガイドIMG_8218_r

浅間隠し温泉郷近くまでちょこっとダウンヒルして、

いよいよ万騎峠への林道をヒルクライムです。

意外と時間がかかって万騎峠9時。

野反湖うらやまガイドIMG_8224_r

ここには古いブナの木があります。

源頼朝が三原那須狩りの折、万騎の兵でこの峠を越えたことから

万騎峠というんだそうですが、

このブナの木はきっとまだ生まれてなかったかな。

でもこの辺りは今みたいな植林地ではなくブナの原生林だったかもです・・・

野反湖うらやまガイドIMG_8232_r

さてここからいよいよMTBを乗り捨ててトレッキングスタートです。

一見登山道入り口がわかりません。

なるほどまだ未整備でした。

これは今のところ藪漕ぎ登山の経験者向きコースです。

野反湖うらやまガイドIMG_8237_r

ほとんど踏み跡のわからない笹薮を50分ほど登って午前9時50分山頂とうちゃこです。

野反湖うらやまガイドIMG_8252_r

トレッキングマップに登山ルートがあるからといって、

初心者はむやみに踏み込まないように。

今のところは、

登山経験者であまり情報のない山に新しい価値を見つけられる人なら、

きっと楽しんでもらえる山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0040_r

今年5月に管峰に登りましたが、

そのときにはツツジやオオカメノキなどの花がちょうど見頃でした。

野反湖うらやまガイドIMG_0060_r

管峰をトレッキングするなら新緑の5月と

もっと紅葉が進んだ10月下旬~11月頃がベストシーズンだと思います。

野反湖うらやまガイドIMG_0084_r

管峰山頂から須賀尾峠まで下り1時間、ちょうど午前11時とうちゃこ。

デポした車で万騎峠のMTBを回収に戻って、

今日は午前半日の小さな山旅でした・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする