1センチのパウダーの翌日は・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4126_r

2年前の2月以来のドカ雪だったそうです。

(たぶんそう聞いたはず!)

東北のフカフカパウダーを狙いに移動中、

オープン前のスキー場の前を素通りできるわけもなく・・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4133_r

スキー場の管理人さんに許可をもらって初ラッセル。

ここはどこ?

葡萄スキー場です。

カテゴリー: テレマークスキー | コメントする

偵察でしたが、これはこれで十分楽しいBCツアーでした・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4125_r

積雪1~2㎝のバックカントリー!

野反湖うらやまガイドIMG_4122_r

ある意味これもエクストリームなスキーツアーと言えなくもない。

野反湖うらやまガイドIMG_4112_r

気温マイナス8度。

野反湖うらやまガイドIMG_4107_r

風が思ったほど弱っちいので今回の寒波は大した積雪にはならなかったようです。

野反湖うらやまガイドIMG_4108_r

正式な初すべりツアーは来週末に延期ですね。

野反湖うらやまガイドIMG_4109_r

今日は下見というか偵察ということで・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4120_r

イタリア製革靴と3ピンです。

テレマークターンを試みようとしたらすぐにガリっとやっちゃいました。

来週末にお預けです。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

雪乞い?2019シーズン、そろそろ焦り始めてます・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4101_r

うっすら雪化粧している横手山です。

今日初滑りツアーの計画を立てましたが、

もちろんお預けです。

野反湖うらやまガイドIMG_4078_r

こちら三壁山です。

昨シーズン1月14日のパウダーツリーランが素晴らしかった!

野反湖うらやまガイドIMG_4089_r

サンビキ山もBC的になかなか魅力的な山です。

奥深いので簡単にはガイドできないのでハードルが高い山です。

野反湖うらやまガイドIMG_4079_r

奥に見える山は大高山です。

昨シーズンは何度もガイドさせていただきました。

今シーズンは大高山から野反湖へ縦走してくるのもいいかも。

野反湖うらやまガイドIMG_4100_r

裏側から見た八間山です。

日帰りで手軽にツアーできる山です。

野反湖うらやまガイドIMG_4093_r

大雪原の野反湖面へ大滑降が最高に気持ちいいですが、

まだ結氷する気配まったくなしです。

野反湖うらやまガイドIMG_4083_r

今日はMTBでお散歩してきました。

明日は初滑り出来るかな・・・・

野反湖うらやまガイドIMG_4075_r

さて、こちら

レンタル用のテレマークシューズとテレマーク&ウロコテレマークスキーです。

女性用男性用各サイズ取り揃えています。

初めてテレマークスキーにチャレンジされる方は、

ぜひレンタルできるのでお気軽にどうぞです。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする

チヤツボミゴケ公園の2018シーズンの振り返り・・・


野反湖うらやまガイドIMG_4793_r

2018シーズンのチヤツボミゴケ公園をちょっと振り返ってみました。

木々が一斉に芽吹きはじめた5月連休の頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_4784_r

1月23日の本白根噴火で火山灰が薄く降り積もったことの影響は、

さほど感じられない様子でしたが、実際のところはわかりません。

野反湖うらやまガイドIMG_6082_r

6月初旬、レンゲツツジが満開のころのチヤツボミゴケ君たちです。

例年なら梅雨の時期にコケはとてもきれいな姿を見せてくれるといいます。

でもなんとなく元気がなくなっていく感じがしていました。

野反湖うらやまガイドIMG_6077_r

穴地獄と湯滝の間の瀞場でエサ取りに励むカルガモ君たち。

強酸性の温泉沢にはどうやら餌になるような生き物がいるようです。

昨年、夏から秋にかけてトンボが産卵している姿がたくさん見られたので、

ヤゴがいるのかもしれません。

下の写真は、7月初旬のチヤツボミゴケ君たちです。

野反湖うらやまガイドIMG_7489_r

なんとなく元気がなくなっている様子がわかるでしょうか。

このころならまだ、

部分的にクローズアップすればいい感じのチヤツボミゴケ君たちの写真が撮れました。

野反湖うらやまガイドIMG_7487_r

新緑の中でもひときわ鮮やかに輝くチヤツボミゴケ君です。

このような構図で撮っているのは、正直苦し紛れです。

野反湖うらやまガイドIMG_8434_r

7月下旬の湯滝の下の広河原です。

ほぼ茶色化したチヤツボミゴケ君たち。

野反湖うらやまガイドIMG_8441_r

穴地獄もほぼ茶色・・・

遠く関西地方からチヤツボミゴケを目当てに団体ツアーで来られた方々もいたとかです。

昨年の夏は見事なまでの萌え萌えグリーンでしたから、

今年は何か異変が起きているのではと感じました。

野反湖うらやまガイドIMG_8722_r

やはり異常なほどの猛暑と渇水の影響でしょうか。

本白根噴火による火山灰の影響はなかったのでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_0270_r

ところが9月になって涼しくなって雨も多くなると、

今度はじわじわと元気になっていくチヤツボミゴケ君たちを感じるようになりました。

野反湖うらやまガイドIMG_0281_r

死んでしまったような茶色の中から、

目の覚めるような蛍光色のチヤツボミゴケグリーンの輝きが、

来るたびに大きく広がっていきました。

野反湖うらやまガイドIMG_2007_r

10月になると上の写真のようにご覧のようです。

チヤツボミゴケ君たちの生命力に感動しました。

野反湖うらやまガイドIMG_2013_r

レンゲツツジの葉っぱも紅葉しています。

そして11月にはさらに元気に!

野反湖うらやまガイドIMG_3982_r

まだまだ萌え萌えです。

夏はどうなっちゃったのかと大変心配したのですが、

回復してほんとうに良かったです。

野反湖うらやまガイドIMG_3992_r

これから来春にかけてチヤツボミゴケ公園は深い雪の中に閉ざされます。

これからもどんな風景に出逢えるのかワクワクします。

R2019チヤツボミゴケ公園スノーシューハイキング表

ただいまこちら→中之条町観光協会で募集中です。

JR長野原草津口JR駅10時20分、集合16時過ぎ解散。

お車で来られる方は道の駅六合集合解散でも可。

中之条町の四万温泉や沢渡温泉、六合の里温泉郷にお泊りの方は、

1000円キャッシュバックありです。

参加費大人7900円、子供6900円。

スノーシューはもちろんレンタル料込で、その他うれしいサービスあり。

チヤツボミゴケ公園は12月から4月まで冬季閉鎖中です。

ツアーの参加者に限り特別に入園が許可されています。

R2019チヤツボミゴケ公園スノーシューハイキング裏

 

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

屋久島ギャップを楽しんだ初冬の芳ヶ平湿地群

野反湖うらやまガイドIMG_4055_r

いよいよ根雪になりそうな大寒波がやって来る前の芳ヶ平湿原です。

野反湖うらやまガイドIMG_4053_r

今日は冬型になる前のあたたかい南風のおかげで、

この時期としては快適過ぎる気候なトレッキング日和でした。

野反湖うらやまガイドIMG_4060_r

それにしても今年はナナカマドの実がたくさんなっています。

ナナカマドの実がたくさん熟すときは大雪になると昔から言い伝えがあるそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_4051_r

天気図だと、週後半から大雪が降りそうな気配ですヨ。

ぜひ期待したいところです。

野反湖うらやまガイドIMG_4044_r

ところで、

今日の芳ヶ平湿地群は、優しく僕たちを包み込んでくれるように感じました。

それはきっと、

宮之浦岳や縄文杉、黒潮の海、亜熱帯の森、照葉樹林のサルやシカたち、

白谷雲水峡のコケの森などなど、

スーパーネイチャーな屋久島を歩いてきたところなので、

あらためて新鮮な感覚で見ることができたからかもです。

野反湖うらやまガイドIMG_4047_r

のんびりしてはいられない、

バックカントリーガイドツアーの募集、本腰入れて早々に準備しなければですネ。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, トレッキング, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

屋久島シーカヤック・栗生川&尾之間温泉

野反湖うらやまガイドIMG_3768 (2)_r

今日もカヤック日和な天候を期待していたんですが、

どうも屋久島の天気予報は早くも下り坂です。

野反湖うらやまガイドIMG_3761_r

360度海岸線の屋久島だから、

どこかが天気悪くても島の反対側は凪だと大雑把な予想はつくけれど、

初めての屋久島の海はそんなに単純じゃないです。

野反湖うらやまガイドIMG_3775_r

沖に出ると、なるほど台風の余波によるうねりを感じます。

大きな潮の流れもあります。

野反湖うらやまガイドIMG_3777_r

まだいまはそんなに風が強くないですが、

もし突然吹き出したらと思うと背筋が凍ります。

野反湖うらやまガイドIMG_3778_r

トビウオがカヤックの前方を2匹飛んで行くのを見て、

トローキの滝まで漕ぐのはあきらめていったん撤退です・・・

野反湖うらやまガイドIMG_3822_r

場所を島のもっと西側へ移動して再度出艇。

栗生港から沖に出て栗生海岸に回り込もうと試みるも、

やはりここも潮流が速くて岩礁帯には白波が立っていて厳しそう。

野反湖うらやまガイドIMG_3823_r

結局今日も安全策をとって栗生川を遡行することにしました。

野反湖うらやまガイドIMG_3790_r

亜熱帯の島ですから、川岸に見られる木々が新鮮です。

野反湖うらやまガイドIMG_3789_r

ボラのような大きな魚が泳いでいるのを見かけました。

野反湖うらやまガイドIMG_3793_r

メヒルギ群落です。

野反湖うらやまガイドIMG_3801_r

静かな時間が過ぎていきます。

野反湖うらやまガイドIMG_3809_r

栗生川バックウオーターギリギリまで遡行。

野反湖うらやまガイドIMG_3814_r

おっと帰りは岩ゴロゴロで船底が擦れて穴が開いたら大変なので、

馬方さんになって川下りです。

野反湖うらやまガイドIMG_3842_r

屋久島で滞在中、トレッキングやシーカヤックで汗を流した後は、

いつも尾之間温泉がお薦めです。

もちろん今日もGoです。

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド | コメントする

屋久島シーカヤック・田代海岸~安房川

野反湖うらやまガイドIMG_3688_r

今シーズンはなんとかギリギリで海を漕ぐことができました。

野反湖うらやまガイドIMG_3696_r

絶好のパドル日和でチョー気持ちいい。

野反湖うらやまガイドIMG_3695_r

種子島との海峡の間を大型船が通り過ぎていくのが見えました。

野反湖うらやまガイドIMG_3691_r

海岸沿いの道路からは奥岳の峰々は眺められませんが、

海上からは前岳の奥に垣間見れます。

野反湖うらやまガイドIMG_3703_r

ロングツーリングするなら今日が最高な一日だったようで、

もうちょっと冒険してもいい感じでしたが、

無理せずのんびり気ままに漕ぐだけで満足としましょう。

野反湖うらやまガイドIMG_3715_r

そして海から安房川を遡行してみました。

野反湖うらやまガイドIMG_3716_r

ミラーリバーです。

野反湖うらやまガイドIMG_3721_r

西表島や奄美大島のジャングルの川を漕いだ時のことを想い出します。

野反湖うらやまガイドIMG_3733_r

そういえば昨夜は満月が綺麗でした。

ということは・・・

野反湖うらやまガイドIMG_3735_r

帰る頃にちょうど大潮の干潮だったようで、

岩礁帯に隠れてしまった上陸地が沖から全然わからなくて、

ちょっと焦りました。

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド | コメントする