びっくりポン、モリアオガエルに逢えました!@群馬の中之条・3つの秘境ツアー(2017年6月12日)

野反湖うらやまガイドIMG_0870

サラサドウダンツツジの花がビロードの絨毯に舞い散っていました。

そろそろモリアオガエルも産卵ラッシュに入りますが、

今日はとっても幸運なことがありました。

モリアオガエルを見ることができたんです。

野反湖うらやまガイドIMG_0875

昨年もモリアオガエルが産卵する日本最高標高地点の渋峠の塔の池で、

水芭蕉の葉っぱの上に産卵するモリアオガエルを観察する幸運に恵まれましたが、

今回はチヤツボミゴケ公園の穴地獄のそばの池でです。

モリアオガエルはこの時期鳴き声だけは聞こえますが、

姿を見ることは本当にまれなことのようですよ。

野反湖うらやまガイドIMG_0880

今日は中国四国方面からの団体ツアーのゲストさんを、

群馬の中之条の3つの秘境へご案内しました。

1つ目はチヤツボミゴケ公園穴地獄、そして2つ目が大仙の滝、

そして3つ目が野反湖でした。

野反湖うらやまガイドIMG_0884

シラネアオイがまだたくさん見られてほんと良かったです。

それにコマクサも!

野反湖うらやまガイドIMG_0890

レンゲツツジは花芽がどんどん膨らんでいました。

今週末の野反湖はレンゲツツジが見頃ですよ。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

爽やかな初夏のそよ風が気持ちいい!@野反湖花トレッキング偵察(2017年6月11日)

野反湖うらやまガイドIMG_0833

明日の団体さんツアーの下見で野反湖へ行ってきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0829

チヤツボミゴケ公園からバトンを引き継ぐかのように、

レンゲツツジが咲き始め一歩手前です。

来週末の土日あたりが見頃かな?

野反湖うらやまガイドIMG_0835

コマクサも咲き始めてました。

野反湖うらやまガイドIMG_08392株だけですが。

こちらも来週末あたりいいんじゃないでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_0844

ムラサキヤシオはちょうど見頃。

他にはウラジロヨウラクツツジやベニサラサドウダンツツジなど、

いろいろなツツジ類がこれから楽しませてくれそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_0849

シラネアオイはまだ楽しめます。

今年は長い期間咲いてくれました。

明日の中国四国方面からのゲストの皆さんに喜んでもらえそうで、

ほんと良かったです。

野反湖うらやまガイドIMG_0850

例年6月1日が野反湖の山開きでしたが、

今年は4月22日の道路開通日の日に行いました。

そんなことから、いつの間にか野反湖もグリーンシーズンに突入という感じです。

野反湖うらやまガイドIMG_0866

三壁山の先の登山道のないサンビキ山です。

まだ2000m付近の沢筋には雪渓が残っていそうですね。

最低限、地図と磁石、そして携帯くらいの登山装備はお忘れなくです。

野反湖うらやまガイドIMG_0868

大高山です。

野反湖うらやまガイドIMG_0869

八間山です。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

眩しいくらい新緑のグラデーションが鮮やか!@芳ヶ平湿地群トレッキングガイドAコース(2017年6月10日)

野反湖うらやまガイドIMG_0783

まだまだチヤツボミゴケ公園のレンゲツツジは、

笑顔で僕たちを歓迎して待ってくれています。

週明けに続くツアーガイドまでレンゲツツジちゃんよろしくです。

野反湖うらやまガイドIMG_0768

こちら今年春からいつの間にか誕生したチヤツボミゴケ君です。

環境の変化に敏感なチヤツボミゴケは、毎日新しい発見があります。

これもひょっとしたら草津白根山の火山活動の変化とも関係あるでしょうか。

というのも、やはり穴地獄から湧出する温泉成分によって、

温泉沢の環境が左右されるでしょうから。

(素人の浅はかな推察ですが。)

野反湖うらやまガイドIMG_0773

ところで今日は朝から絶好のトレッキング日和に恵まれました。

ミズナラや岳樺、楓、コメツガの針広葉樹の新緑のグラデーションが、

目に眩しいくらいに芳ヶ平湿地群の森を彩っていました。

そして7人のゲストの皆さんを、

芳ヶ平湿地群トレッキングガイドAコースにご案内させていただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0794

マイズルソウがコケの絨毯に咲き始めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0793

イワカガミのピンクがこれからレンゲツツジに代わって僕たちを楽しませてくれそう。

野反湖うらやまガイドIMG_0823

おっと、タニウツギも咲き始めていました。

こちらの控えめなピンクもいいです。

野反湖うらやまガイドIMG_0827

もっと控えめなピンク?のアカモノの花も見頃です。

野反湖うらやまガイドIMG_0825

クレソンの花も可愛いですね。

野反湖うらやまガイドIMG_0809

お昼は大平湿原で日本離れした素敵なロケーションの中でいただきました。

今日は暑くもなく寒くもなく、虫も気にならず、

ほんとうに気持ち良いトレッキング日和でした。

野反湖うらやまガイドIMG_0810

大平湿原の登山道脇にワタスゲも見つけることができましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_0819

今日のゲストの皆さん、お疲れ様&大変ありがとうございました。

またぜひ秋の紅葉のシーズン、今度は標高2152mの渋峠からの、

芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコースもぜひ遊びにきてくださいね!

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ムラサキヤシオが満開の芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコース(2017年6月10日)

野反湖うらやまガイドIMG_0679

一昨日、噴火警戒レベルが1に戻って平和になった草津白根山です。

でも静かな芳ヶ平湿原は今回が最後のツアーになるかも・・・

野反湖うらやまガイドIMG_0680

というのも、渋峠からダマシ平経由で歩くよりもずっと楽に歩ける

白根レストハウスからのルートが解禁になるので、

3年前の様にたくさんの団体ツアーが訪れることになるのではと思います。

野反湖うらやまガイドIMG_0685

でもこの3年の間に芳ヶ平湿原をめぐる社会的状況は激変しました。

2年前に芳ヶ平湿地群がラムサール条約に登録され、

今年2月にチヤツボミゴケ公園が国天然記念物に指定されました。

野反湖うらやまガイドIMG_0683

モリアオガエルが産卵する日本最高標高地点、塔ノ池のクロサンショウウオの卵です。

このような貴重な大自然の姿が身近にあるということを僕たちに啓蒙してくれたのは、

まさしくラムサール条約に登録されたことによってではないでしょうか。

野反湖うらやまガイドIMG_0688

そんな思いを胸にしながら、

団体ツアーの皆さんと渋峠から、

午前8時50分に芳ヶ平湿地群トレッキングツアーへ出発です。

残雪はまだまだダマシ平までしっかりありました。

雪解けの流れに薄い氷が張っています。

野反湖うらやまガイドIMG_0690

僕達の気配を感じたのか、前にいたカモシカが慌てて逃げていった足跡です。

カモシカ君も雪を踏み抜いている跡がありましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_0698

咲き始めている花といえば、まずはコヨウラクツツジです。

野反湖うらやまガイドIMG_0699

そしてイワナシ。

野反湖うらやまガイドIMG_0703

オオカメノキ。

野反湖うらやまガイドIMG_0704

山桜です。

野反湖うらやまガイドIMG_0718

午前11時11分、芳ヶ平湿原の木道先端にある幸福のベンチでマッタリ。

ドキドキしながらトレッキングツアーに参加していただいたゲストさん、

頑張ってここまで来れました!

いかがですか、今のこの気持ち?

野反湖うらやまガイドIMG_0712

食虫植物、モウセンゴケです。

これからあなたのシーズンです、たくさん虫が食べられるよう頑張ってくださいネ。

野反湖うらやまガイドIMG_0719

こちらでもクロサンショウウオの卵がたくさん見られました。

野反湖うらやまガイドIMG_0725

ムラサキヤシオとアズマシャクナゲです。

野反湖うらやまガイドIMG_0731

ワタスゲも花は終わって綿毛が大きくなり始めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0738

大平湿原が一望できる桜清水付近で草津温泉から12時のオルゴールが聴こえてきました。

ゲストの皆さん、大平でお弁当にしましょうね。

野反湖うらやまガイドIMG_0740

こちらツマトリソウです。

野反湖うらやまガイドIMG_0743

そしてイワカガミ。

野反湖うらやまガイドIMG_0745

シロバナエンレイソウ。

ちょっとムラサキっぽいでしたが。

野反湖うらやまガイドIMG_0750

コメツガも新緑が芽吹き始めました。

野反湖うらやまガイドIMG_0752

大池です。

野反湖うらやまガイドIMG_0766

午後2時30分、予定通りチヤツボミゴケ公園にゴールです。

今回のツアーで一番きれいだった花はムラサキヤシオでした。

特に長英坂の長い下りは空腹でヘタレそうになりましたが、

右に左に次々と僕たちを驚かせてくれるムラサキヤシオの紫にどれだけ癒されたか。

今年はムラサキヤシオの大当たりの年だったのでは・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

草津嫗仙の滝トレッキングガイド(2017年6月8日)

野反湖うらやまガイドIMG_0662

天気予報は午後から雨マークだったけれど、

ゲストの皆さんの日ごろの行いが良かったのでしょうか、

結局一粒も雨が降らなくて、

まずまずの天候に恵まれた草津嫗仙の滝トレッキングガイドでした。

野反湖うらやまガイドIMG_0645

すっかり若葉が生い茂った森の中はちょっとうす暗くて、

いたるところで落ち葉の中からギンリョウソウが顔を覗かせ始めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0644

コアジサイがもう少しで見頃ですね。

野反湖うらやまガイドIMG_0647

そして、ナルコユリがひっそりと咲いていました。

野反湖うらやまガイドIMG_0669

巨木百選に選ばれているカツラの木です。

時間的に余裕があったのでこちらにも足を伸ばしてみました。

とにかく一人で歩くのは薄気味悪い感じの深い森の中のコースですが、

団体ツアーで賑やかに歩けば怖くないです!

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

今日が初鳴きのモリアオガエル産卵日本標高最高地点@第5回ラムお散歩ツアー

野反湖うらやまガイドIMG_0620

2017年6月6日の渋峠、標高2152mの塔の池です。

ちょうどモリアオガエルの生態調査をしている研究者の方がいて、

今日モリアオガエルが初鳴きしたと教えてくださいました。

野反湖うらやまガイドIMG_0621

そんな塔の池では水芭蕉が見頃です。

ナナカマドはまだ芽吹き寸前です。

野反湖うらやまガイドIMG_0616

今週末に渋峠からチヤツボミゴケ公園まで芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコースの

ご案内をする予定ですが、

まだご覧の通り残雪が消えません。

ちょっぴり心配ですが、準備万端で臨むつもりです。

ゲストの皆さん、これも山との一期一会の出逢い!

ぜひ楽しんでくださいね。

野反湖うらやまガイドIMG_0615

日本国道最高地点からの芳ヶ平湿原です。

残雪もかなりなくなりましたが、岳樺はまだ芽吹いてませんね。

野反湖うらやまガイドIMG_0624

雪解けがもうどうにも我慢できなくて、

フキノトウが顔を出してましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_0623

気温も9度でした。

北アルプスの山並みもきれいに眺められましたよ。

野反湖うらやまガイドIMG_0631

さて2152 mのまだ春になったばかりの渋峠から1250mのチヤツボミゴケ公園へ。

こちらはすでに初夏の装いです。

野反湖うらやまガイドIMG_0638

モリアオガエルがまた卵を産んでました。

野反湖うらやまガイドIMG_0634

カルガモも元気です。

野反湖うらやまガイドIMG_0643

アカモノの花も発見。

いよいよ花の季節ですね。

群馬の中之条の大自然、とっても楽しみです。

花を楽しみながらのプライベートトレッキングガイドはこちらです。

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

シラネアオイとレンゲツツジ開花情報@2017群馬の中之条の大自然

野反湖うらやまガイドIMG_0593

2017年6月5日月曜日、今日も絶好のトレッキング日和に恵まれました。

さらに関西方面からお越しのゲストの皆さんは幸運なことに、

チヤツボミゴケ公園のレンゲツツジと野反湖のシラネアオイの両方を、

ほぼ満開の見頃状態で楽しんでいただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_0606

チヤツボミゴケ公園ではまたモリアオガエルが新しく産卵していました。

野反湖うらやまガイドIMG_0598

本来は木の枝に産卵するはずなんですが、

岸際の草の中にありました。

二つあるのがわかりますか。

野反湖うらやまガイドIMG_0600

大仙の滝です。

今日のツアーは群馬の中之条町六合エリアの3つの秘境を巡るというテーマだったので、

世立八滝もご案内しました。

野反湖うらやまガイドIMG_0609

今日の野反湖です。

やっと新緑が始まったばかりです・・・

irasuto2

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする