芳ヶ平湿地群の大自然の懐で、誰にも逢わない静かなスノーシュー

野反湖うらやまガイドIMG_2561_r

昨日よりもさらにパウダースノーの積雪が増えてビックリなチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングでした。一時車がスタックして動けなくなるなど、うれしいやら困ったやら。でも深雪ラッセルを頑張って辿り着いた先のチャツボミゴケグリーンに出逢えてゲストの皆さん、最高の笑顔でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2571_r

今日は女子2名男子2名のツアーで、男子は元気いっぱいな大学生。男子に急斜面のラッセルを体験してもらいました。おかげさまで全員でプチアドベンチャーな水池縦走コースを楽しむことが出来ました。

野反湖うらやまガイドIMG_2572_r

穴地獄の主にも出逢えました。

野反湖うらやまガイドIMG_2579_r

そしてふかふかパウダーの急斜面の下りです。皆さん思い思いの方法で転がり落ちてきました。老若男女だれでもが童心に戻れるところです。充実感と達成感とまだまだパウダーに戯れたいという後ろ髪にもちょっぴりひかれながら下山しました。

野反湖うらやまガイドIMG_2568_r

チャツボミゴケ公園スノーシューハイキングは、群馬の中之条、六合エリアの最奥の芳ヶ平湿地群の大自然の懐の中で、誰にも逢わない静かなツアーを楽しんでいただけることが一番の魅力です・・・

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

尻滑りで雪まみれ!フカフカパウダーが魅力のスノーシューハイキング

野反湖うらやまガイドIMG_2535_r

午後から雪マークが並んで天気が崩れるという天気予報はまったく当たらなくて、薄曇りな冬空の穏やかな天気で、絶好のスノーシューハイキング日和でした。小学校の先生になるための勉強をしている学生の皆さんが大勢遊びに来てくれました。いつもと違い今日は2班編成でのガイドです。

野反湖うらやまガイドIMG_2537_r

昨日のスノーシューハイキングのトレースは昨夜の吹雪で隠されてノートレースにリセットされ、パウダースノーの感触をゲストの皆さんは全身で楽しんでくれているようでした。動物も森の中を動き回っているようで、キツネやウサギ、カモシカの足跡も見ることが出来ました。

野反湖うらやまガイドIMG_2538_r

元気いっぱいノリノリのゲストさんたちですから、深雪の急斜面の上り坂ではラッセルを体験してもらいました。そして行く先には、ミズナラの巨樹と6000年前からあったといわれる神秘の湖、水池です。

野反湖うらやまガイドIMG_2541_r

そして今度は急斜面の下り坂を思い思いの方法で転がり落ちました。

野反湖うらやまガイドIMG_2547_r

今日のスノーシューハイキングのクライマックスです。皆さん雪まみれです。背中に雪が入ろうが、手袋が外れようが、雪の中に顔から突っ込もうが、雪の冷たさをもろともせずに笑顔いっぱいです。

野反湖うらやまガイドIMG_2548_r

北面で雪が腐らないので、ここにはふかふかのパウダースノーが待っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2552_r

夕闇の時間が迫っていたので、まだまだ尻滑りを楽しみたかったのですが、ふかふかパウダーに後ろ髪をひかれながら下山しました。雪まみれできっと体が冷えたでしょうが、この後地元の六合温泉郷の宿に泊まられるという事なので安心です。ゲストの学生さんたちには、今回も五感をいっぱい使って冬のチャツボミゴケ公園の大自然を楽しんでもらえてとても良かったです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

今年一番のふかふかパウダーに恵まれたスノーシューハイキング

野反湖うらやまガイドIMG_2501_r

2月9日の極寒の中のチャツボミゴケ公園スノーシューハイキングは、ふかふかのパウダースノーに恵まれました。でもどんなに気温が下がっても温泉大滝は氷瀑にはなれません。ゴーゴーと滝を流れ落ちる温泉からもうもうと湯気が立ち上る煙滝となっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2509_r

そして湯滝の周りのレンゲツツジの群落は白い花で満開です。今日のゲストの女子お二人は、寒さ対策はばっちりで参加していただいたので、冬らしいチャツボミゴケ公園の景色をゆっくりと楽しんでいただけました。

野反湖うらやまガイドIMG_2506_r

白絹の滝が白いドレスを纏っていました。こちらは温泉ではなく穴地獄の脇の源泉から湧出している真水なんですが、1年中10度くらいの水温です。氷瀑になっているのを今のところ見たことはないです。

野反湖うらやまガイドIMG_2518_r

午後を回るとようやく吹雪も収まってきました。急坂の登山道をラッセルしながら、水池周りで帰ることにしました。プチアドベンチャーなコースを楽しんでいただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_2521_r

6000年前にはあったという水池はスノーシューで湖面を渡ることが出来ます。ノートラックの湖面の上に大の字になって寝転んで円い空を眺めていると、いつしか太古から続く芳ヶ平湿地群の大自然の悠久の時間とシンクロしているような気分になれることでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_2527_r

ようやく笹薮が埋まった裏コースを回りました。北側なので、今年一番のふかふかパウダーです。転がり落ちるようにして下りました。どんなゲストも子供の頃に帰ることが出来ることでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_2532_r

途中熊の爪跡がある木に出逢えます。ゲストの皆さん、びっくりです。

野反湖うらやまガイドIMG_2499_r

今年のチャツボミゴケ公園スノーシューですが、1月10日からツアーを開催しています。全国的な雪不足の風評を気にしてスノーシューは出来ないのではないかと心配して来られるゲストの皆さんが多かったのですが、でも実際に来てみたら、こんなに雪が多いのと驚かれています。2月3月はまだまだふかふかパウダーに恵まれそうです・・・

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, 野反湖うらやまガイド | 2件のコメント

ぐんま県境稜線大高山BC偵察2020

野反湖うらやまガイドIMG_2231_r

2020年2月3日の暮坂高原からの県境稜線の山々です。奥に見える真っ白な山は岩菅山です。その手前稜線の右の山が大高山です。

野反湖うらやまガイドIMG_2479_r

今日はやや視界不良な天候でしたが、風もそんなに強くないので気持ちよく大高山まで県境稜線BCの偵察に行ってきました。昨日は全国的にこの冬一番なバックカントリーのパウダーデイだったでしょうが、今日はその売れ残りなコンデョションだったかも。

野反湖うらやまガイドIMG_2470_r

とはいってもこちら群馬の県境稜線BCは誰にも逢わないノートラックな静かなバックカントリーでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2476_r

そしてさらに雪質はどうだったかというと、一昨日降ったパウダーが昨日の好天によるサンクラストで重い湿雪気味なベースでしたが、昨夜からの積雪でその上に5~10センチのサラサラパウダースノーが乗っかっていて、下山は極めて楽しい滑降でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2494_r

雪不足な2020シーズンですが、今のところツアーには支障のない積雪でしたが、雪解けが始まる3月になったらどうなることやら。これは全国の山スキールートどこでも同じ心配のようです。

野反湖うらやまガイドIMG_2496_r

こちら2017年の2月14日の大高山BCです。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

猛吹雪の県境稜線BC偵察2020

野反湖うらやまガイドIMG_2413_r

この冬一番の最強冬将軍が群馬の県境稜線の山々を侵攻です。三国トンネルを超えて新潟県側の登山口からアプローチしました。見覚えのある道路標識は、半分くらいまで雪に埋もれていました。ここまでも膝近くまでのラッセルで1時間くらいかかって、汗びっしょりです。

野反湖うらやまガイドIMG_2414_r

沢の渡渉地点付近までは忠実に夏道をひたすらラッセルしながらのハイク。杉の植林地帯からカラマツの植林地帯へと植生が変化していきます。

野反湖うらやまガイドIMG_2417_r

沢の渡渉地点はまだスノーブリッジがしっかり埋まりきっていないので、かろうじて渡れるところを探して横断しました。少し行ったり来たりしながら迷路のようなルートで反対側の尾根に取り付けば、いよいよ急登が始まります。クライミングサポートをセットして、ときおり地吹雪で前がまったく見えなくなるほどの北風の中をしばらくハイクアップすると、今度はブナの森が僕たちを待ち受けてくれています。

野反湖うらやまガイドIMG_2421_r

美しいブナの幹の模様を眺めたり、雪上から顔を出しているオオカメノキの冬芽の可愛い形に癒されながら、いよいよ県境稜線上までもうすぐです。

野反湖うらやまガイドIMG_2423_r

今日はこんなに天気が悪いとは想像していなかったので、ムジナ平辺りまで行く予定でしたが、とてもとても無理です。せめて県境稜線の小さなピークまで頑張ることにしました。いよいよ県境稜線鞍部に出ると、四万川源流域が向こう側に広がっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2426_r

こちら三坂峠方面への県境稜線です。吹雪の中に稲包山がわかりました。

野反湖うらやまガイドIMG_2428_r

こちらムジナ平方面です。うねうねとアップダウンの登りが上の倉山まで続いていきます。

野反湖うらやまガイドIMG_2434_r

クロベの木の陰でササっと身支度をしてすぐに滑降モード。まだお昼前ですが、即下山です。登ってきたブナの疎林の森は、パウダーのいい雪がたくさん積もっていて、今日はこの一本のロングラインのためのバックカントリーでした。

野反湖うらやまガイドIMG_2439_r

帰りも風でトレースがなくなっているところもたくさんありましたが、ようやく来れた県境稜線BC偵察の楽しい1日でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2441_r

天敵に追われて怪我をしたのか、飛べなくなった小鳥が僕たちの登りのトレース上にうずくまっていました。僕たちの小さなバックカントリーの物語とは別に、ここでも大自然の小さなドラマが繰り広げられていました・・・

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

うろこスキー&スノーシューで三壁山を雪山ハイク!

野反湖うらやまガイドIMG_2236_r

パウダーサーチの野反によると、雪不足な今シーズン、2月になってようやく1mほどの積雪になったようです。そして日が当たりにくい吹き溜まりでは先週末のパウダーがまだ残っていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2247_r

それにしても最高のバックカントリー日和に恵まれました。例年なら湖を横断して最短ルートをとるところですが、今回はちょっと迷いました。温暖化と雪不足の影響で氷が薄いのではないかとビビッてしまいました。

野反湖うらやまガイドIMG_2252_r

でも標高1500mもある天空の湖ですから、池の峠から眺めながらやっぱり大丈夫だったかなと気持ちが揺れます。

野反湖うらやまガイドIMG_2268_r

ベースキャンプを設営して、ちょっと午後遅い時間になってしまいましたが、三壁山を目指します。山ガールゲストは、ここまでの長いアプローチはうろこスキーを履いてもらいました。でもここからはスノーシューで。

野反湖うらやまガイドIMG_2292_r

三つの壁があるから三壁山。第一の壁は急で登るのに苦戦しましたが、その後第2、第3の壁を元気に登り上げて振り返ると、素晴らしいパノラマが広がっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2310_r

苗場山や白砂山の眺めが素晴らしいです。

野反湖うらやまガイドIMG_2311_r

そして三壁山山頂午後4時20分。ギリギリの時間でとうちゃこです。約2時間弱かかりましたが、スノーシューでも帰りは速いでしょう。ところで山名標柱は例年なら完全に雪に埋まっていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2318_r

ガイドはというと、カリカリなところも多少ありましたが、けっこういい雪が残っていて、帰りの滑降はなかなか楽しめました。

野反湖うらやまガイドIMG_2328_r

午後5時ベースキャンプとうちゃこ。僕たち以外誰にも逢わない静かな一日でした。

野反湖うらやまガイドIMG_2356_r

そして、翌朝の美しい野反湖の情景です。寒さも忘れて刻々と変わる空の色や、湖面を囲む山々の光と影のショーを眺めていました。

野反湖うらやまガイドIMG_2382_r

帰りは迷いを振り切って、横断してみました。スノーシュー女子のゲストもうろこスキーでの湖面横断なので安心です。

野反湖うらやまガイドIMG_2395_r

キツネの足跡も発見。

野反湖うらやまガイドIMG_2384_r

今年はこの先どんな雪の状況になるかわかりませんが、今のところ野反湖バックカントリーガイド大丈夫です。明日からも本格的な冬型の天気予報なので良かったです。

カテゴリー: エコツアー的, スノーシュー, テレマークスキー, 沢登り | 2件のコメント

ロング&プチアドベンチャーな群馬の中之条のバックカントリー

野反湖うらやまガイドIMG_2127_r

渋峠ホテルでは芳ヶ平展望台からの日の出ツアーというのが人気です!僕たちも早起きして雪上車に乗せてもらってご来光を拝んできました。夜明け前の空模様では確実に見られるかどうかわからず不安を抱きながら寒さに耐えて待ちます。

野反湖うらやまガイドIMG_2126_r

眼下に芳ヶ平湿地群が薄霧のベールを纏いながら現れ始めました。歓声が上がります。

野反湖うらやまガイドIMG_2139_r

そしてついに出ました・・・

野反湖うらやまガイドIMG_2157_r

帰りはモンスター成長途中のオオシラビソの森をのんびり宿までハイク。とっても気持ちいい時間を過ごすことが出来ました。標高2172mの朝散歩です。

野反湖うらやまガイドIMG_2150_r

気温マイナス13度でした。夜間の放射冷却で昨日よりは冷えたようです。

野反湖うらやまガイドIMG_2160_r

今日は天気に恵まれそうです。パウダーがありそうな斜面をどんな順番で滑って、標高差1000mの縦走コースをいかに組み立てていくか、ワクワクします。

野反湖うらやまガイドIMG_2168_r

標高2217mの池の塔山山頂からまずは一本目です。最初は少し視界不良な感じでしたが、やがて陽光が雲間から射し始めると、みんな一気に高揚してパウダーを楽しみました。

野反湖うらやまガイドIMG_2173_r

そして登り返してもう一本。

野反湖うらやまガイドIMG_2187_r

バックカントリーは頑張った分だけ楽しむのが基本です。

野反湖うらやまガイドIMG_2190_r

昨日は8本滑ったのでシールも8回以上、たぶん10回くらい貼ったり剥がしたり。ゲストの皆さんはベテランなので、まったくトラブルなし。今日も10回くらいになるかも。バックカントリーの道具もトラブルがないようにしっかり日頃から点検しておくことが大切です。

野反湖うらやまガイドIMG_2201_r

昼近くになってきたら、たくさんのスキーヤーやボーダーたちが集まってきたので、僕たちは早々に退散です。そしてロング&プチアドベンチャーなバックカントリーツアーはまだまだ続きます。

野反湖うらやまガイドIMG_2219_r

ところで、今週の天気予報では雪マークが並んでいるので、今のところは安心ですが、いかんせん例年の半分くらいの積雪では、春の雪解けが始まったらいつまでバックカントリーが楽しめるのか心配になってきた今日この頃です・・・・

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする