藪漕ぎじゃなかった久しぶりの高間山

野反湖うらやまガイドIMG_8214_r

高間山登山道の様子を確認しにMTBで吾嬬山林道をヒルクライム。

道には栗の実がたくさん落ちていて、熊さんの落とし物(糞)も!

野反湖うらやまガイドIMG_8211_r

もちろん熊棚もありました。

野反湖うらやまガイドIMG_8186_r

登山口のある峠にMTBをデポ。

心配していた登山道の藪漕ぎですが、

どうやらしばらく前に草刈り整備が行われたようでした。

野反湖うらやまガイドIMG_8193_r

新しい笹が少しは伸びてはいましたが、以前に比べたら月とスッポンです。

藪漕ぎなら登らずに帰ってくるつもりでしたが、

これならと山頂まで一登りしてきました。

野反湖うらやまガイドIMG_8194_r

途中からカラマツの綺麗な林になります。

もうしばらくしたら黄葉が素晴らしいでしょう。

野反湖うらやまガイドIMG_8199_r

10分やそこらで登れてしまう群馬の百名山です。

これから冬にかけてが登り頃です。

来年になるとまた笹薮が伸びてきてしまうかも。

野反湖うらやまガイドIMG_8201_r

高間山山頂からも八ッ場ダムが垣間見えました。

葉っぱがすべて枯れ落ちたらよく見えそうです。

野反湖うらやまガイドIMG_8185_r

林道をMTBでアプローチして楽しむ里山トレッキングもいいですね。

野反湖うらやまガイドIMG_8183_r

林道沿いにも小さいけど魅力的な自然がたくさんあって、

たぶん車だと知らずにどんどん通り過ぎちゃうでしょう・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする

静かな山歩きが楽しい浅間隠山裏コース

野反湖うらやまガイドIMG_7886_r

10月最初の秋晴の日、人気の山浅間隠し山へ。

とはいっても裏ルートの浅間隠し温泉郷から。

野反湖うらやまガイドIMG_7808_r

ゲートはロックされず自分で責任をもって開閉。

登山口まで約4~5㎞ですが、途中荒れたダートがあるので車も心配。

MTBでアプローチするのはグッドアイデア。

歩きなら1時間強。

野反湖うらやまガイドIMG_7813_r

表の二度上げ峠からのコースは、

標高差的にも楽に山頂に立てて人気なのもわかりますが、

裏コースは素朴な自然の中にどっぷりと浸れる玄人向きです。

野反湖うらやまガイドIMG_7820_r

地元の方々によって地道に整備されていて、安心して歩くことができます。

野反湖うらやまガイドIMG_7825_r

イワナが棲んでいそうな綺麗な沢を絡めながら歩くのもいいです。

野反湖うらやまガイドIMG_7833_r

はじめは緩やかに、紅葉が始まった落葉広葉樹の森の尾根に取り付きます。

野反湖うらやまガイドIMG_7846_r

途中カラマツの植林帯を一度抜けてしばらく進むと、

いよいよ本格的な急登の尾根道です。

野反湖うらやまガイドIMG_7860_r

シャクナゲ尾根です。

なるほどシャクナゲのジャングル地帯を抜けます。

野反湖うらやまガイドIMG_7867_r

やがて浅間隠し山の頂が森の木々の間から垣間見えるようになりました。

8合目を過ぎれば鞍部までもう一息です。

といってもこのあたりしっかりした道標がないので、

地図やGPSなどで現在地を自分で確認しなければいけません。

野反湖うらやまガイドIMG_7875_r

鞍部から山頂までの森は、ほんとうに気持ちよい落葉広葉樹林です。

急坂を20分ほどで展望の良い山頂に出ます。

登山口からは約2時間の歩きでした。

野反湖うらやまガイドIMG_7884_r

浅間山です。

野反湖うらやまガイドIMG_7888_r

白砂山稜線です。

野反湖うらやまガイドIMG_7890_r

角落山方面。

野反湖うらやまガイドIMG_7893_r

平日でしたが表コースからの登山者が3組ほど上がってきて、

今まで誰にも会わなかったので、

突然にぎやかな街に出たような気持になりました・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

高ジョッキ2019秋

野反湖うらやまガイドIMG_8128_r

長野原町と東吾妻町の間にある須賀尾峠の高ジョッキ登山口には、

どのような因縁があるのか子育地蔵があります。

登山道ははっきりと示されているわけではなく、

森の中の踏み跡を注意深くたどります。

野反湖うらやまガイドIMG_8131_r

イノシシや熊らしき痕もたくさんありました。

メグスリの木は珍しい❤️

野反湖うらやまガイドIMG_8178_r

新三角点の設置された切り開きの地点からいよいよ稜線歩きです。

右に左にけっこう斜面が切れている細尾根なのでルーファイは慎重に。

知らず知らず危険なルートを選んで滑落というシナリオもありそうですよ。

野反湖うらやまガイドIMG_8173_r

いくつものアップダウンを過ぎて最後の急坂を登りきると、

素晴らしい展望が待っていてくれます。

野反湖うらやまガイドIMG_8146_r

来年度以降ダムが完成する吾妻渓谷。

野反湖うらやまガイドIMG_8145_r

ズームアップすると八ッ場ダムが。

完成間近。

野反湖うらやまガイドIMG_8156_r

王城山。

野反湖うらやまガイドIMG_8157_r

高間山。

野反湖うらやまガイドIMG_8155_r

野反湖方面。

八間山の山頂付近は雲がかかっています。

野反湖うらやまガイドIMG_8159_r

管峰。

野反湖うらやまガイドIMG_8162_r

浅間山は完全に雲の中。

野反湖うらやまガイドIMG_8158_r

新緑や紅葉の山々に囲まれて青い水を満々と貯めた八ッ場ダムの風景が、

来年以降この高ジョッキ山頂から眺められるようになるのが楽しみです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

8月にレベル3の小噴火後の浅間山トレッキング

野反湖うらやまガイドIMG_8001_r

槍が鞘からの浅間山。

車坂峠から表コースを大汗かいて登ってきて、

この景色にいきなり出逢えば疲れも一気に吹き飛びます。

野反湖うらやまガイドIMG_7998_r

雲海の上に富士山も眺められました。

今年はまだ富士山の初冠雪のニュースを聞かないですが、どうなのかな?

野反湖うらやまガイドIMG_8000_r

さて今日は黒斑山の外輪山を鋸岳まで調査。

8月のレベル3の小噴火があって一時登山者立ち入り禁止になりましたが、

その後レベル2になって前掛山登山道以外は登山可能になりました。

野反湖うらやまガイドIMG_8013_r

黒斑山2403m山頂からの浅間山前掛山と釜山。

釜山の最高点は標高2568mですから、ここから見てまだ150m以上高いということです。

野反湖うらやまガイドIMG_8047_r

黒斑山からさらに蛇骨岳、仙人岳、Jバンド、鋸岳へと続く稜線は、

右に左に素晴らしい風景を楽しむことができます。

今日みたいに空気が透き通って遠くまで見渡せる秋晴の日はまさに稜線漫歩です。

野反湖うらやまガイドIMG_8037_r

ホシガラスもたくさん見かけました。

野反湖うらやまガイドIMG_8043_r

もう紅葉の季節ですが、夏を名残惜しんでいるかのようにまだ咲き残っていたりも。

野反湖うらやまガイドIMG_7961_r

天気が良いのでたくさんの登山者が浅間山を楽しんでいました。

Jバンドを上り下りする登山者もけっこう見かけました。

野反湖うらやまガイドIMG_8088_r

鋸岳から鬼押し出し溶岩流を眺めます。

天明の大噴火の時の溶岩が流れた様子が大迫力です。

野反湖うらやまガイドIMG_8105_r

溶岩が流れるような大噴火の予知はきっと可能なんでしょうが、

先日のような小さな噴火はいつ起こるかわからないということがわかったので、

レベル2といえども登山者は注意が必要なことを実感しました。

野反湖うらやまガイドIMG_8101_r

今日はJバンドから湯の平に降りずに大人しく鋸岳を往復して、

帰りは中コースで車坂峠に下山しました。

黒斑山外輪山の稜線歩きは、

とにかく活火山浅間山の大迫力に圧倒されっぱなしでした!

野反湖うらやまガイドIMG_8050_r

仙人岳付近からの四阿山です。

あれ田代湖の手前にもう一つ湖があったっけ?

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ラムサール条約芳ヶ平湿地群環境学習2019

野反湖うらやまガイドIMG_1872_r

天気予報にはやきもきさせられましたが、

今日の芳ヶ平学校は無事予定通りガイドすることができました。

野反湖うらやまガイドIMG_7944_r

「自然とお友達になろう」を今回の環境学習の大目標にしましたが、

子供たちはほんとうによく自然のことに興味をもって、

五感でたくさんの体験をしてくれました。

ということでもちろん、

1年生から6年生までみんな百点満点と閉会式の講評でお話させていただきました。

野反湖うらやまガイドIMG_7941_r

とにかく今、最高にいい状態のチャツボミゴケを見学できてラッキーでした・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング | コメントする

初秋の芳ヶ平湿地群トレッキングガイドCコース2019

野反湖うらやまガイドIMG_7901_r

町関係機関の団体様を今日はお花の大先生と一緒にガイドさせていただきました。

天気に恵まれて何より!

ただ、今年の紅葉は昨年の今頃に比べるとちょっと遅れているかも。

昨年10月1日の芳ヶ平展望台からの様子はというと。

野反湖うらやまガイドIMG_1112_r

ズームアップすると。

野反湖うらやまガイドIMG_1118_r

でも渋峠から芳ヶ平湿原までの標高差約300m、距離3㎞の登山道は、

ドライコンデョションで歩きやすかったので昨年より良かったです。

そして登山道を覆っていた笹薮の草刈り整備も始まっていたので、

もちろん朝露で下半身がびっしょりになることもなく。

これから紅葉の芳ヶ平湿地群トレッキングのご予定のゲストさんご安心ください。

野反湖うらやまガイドIMG_1190_r

大雨が降った後の登山道はこんな感じ。

昨年は紅葉がきれいだったけれど、こんなふうに水がひかなくて本当に大変でした。

野反湖うらやまガイドIMG_7904_r

ところで真っ赤に紅葉するナナカマドと紅葉しないで葉っぱが散ってしまうハンノキ。

でもそんな地味なハンノキですが、芳ヶ平湿地群のサクラバハンノキは、

群馬県の絶滅危惧種なんだそうです・・・・

野反湖うらやまガイドIMG_7911_r

芳ヶ平湿原では僕たち以外誰にも会わず、絶景を独り占め。

野反湖うらやまガイドIMG_7915_r

初秋の風景の中で静かな時間を楽しみました。

野反湖うらやまガイドIMG_7920_r

野営場でお弁当を食べて、

午後の部は芳ヶ平湿原からチャツボミゴケ公園目指して歩きます。

野反湖うらやまガイドIMG_7921_r

桜清水から横笹までの長英坂も草刈りが最近済んだようで、

オニアザミの棘や草露の不快感もなく快適に歩けました。

野反湖うらやまガイドIMG_7926_r

大平湿原から平兵衛池、大池、水池とフルコースで回って、

午後4時前には穴地獄とうちゃこ。

野反湖うらやまガイドIMG_7932_r

元気いっぱいの輝きを見せてくれているチャツボミゴケグリーンに出迎えられて、

皆さん感動のゴールインだったようです。

野反湖うらやまガイドIMG_7925_r

そういえばちょこっと藪漕ぎも楽しみましたね・・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

よしがだいら学校2019@芳ヶ平湿地群環境学習ガイド協議会

野反湖うらやまガイド名称未設定 1_r

今日はラムサール条約芳ヶ平湿地群の環境学習のための事前学習でした。

小学校の1年生から6年生までを対象にしてのプレゼンテーションということで、

なかなかやりがいのあるお仕事でした。

野反湖うらやまガイドIMG_7775_r

午前中はガイドの皆さんとコースの下見をしました。

ああだこうだとガイド同士で面白いガイディングを出し合って、

当日の子供たちの楽しい顔を浮かべながらテンションが高まります。

野反湖うらやまガイドIMG_7801_r

チャツボミゴケもそんな僕たちの様子を見守りながら微笑んでくれていましたよ。

野反湖うらやまガイド名称未設定 2_r

午後の事前授業では、子供たちのあまりの反応の良さにびっくりです。

つかみはクロサンショウウオから入りましたが、

両生類のこととかよく知っているし、

ドングリにコナラとミズナラの2種類があるのを知っていたのには驚きました。

でも自分自身のことを振り返ってみても、

そういえば小学生の頃は生き物とかに夢中だったですよね・・・

野反湖うらやまガイドIMG_7802_r

高学年は水池と大池にも行きますが、

プチ登山になるので当日の天気予報に大期待したいです。

野反湖うらやまガイド42896654_328789401203391_5947358381479034880_n_r

昨年から始まったよしがだいら学校。

4年生の子供たちとの楽しいガイドも忘れらません・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング | コメントする