鳥海山BC鉾立コース偵察May16,2022

クロスカントリーに近いテレマークスキーは最先端のテレマークスキーの滑走性能と比べたら天と地の差があります。でもバックカントリーを始めたあの頃の楽しさが体に染みついていて、時々どうしても昔の道具で滑りたくなります。

GW過ぎの鳥海山の大斜面は、そんなノスタルジックなテレマーカーの想いをかなえてくれるお手柔らかな斜面がたくさんあります。

午前2時に自宅を出発して、ブルーライン鉾立口には午前9時到着。初日だからまずは久しぶりの鳥海山の様子をざっくりと偵察がてらです。

鳥海山は山のスケールがやっぱり違いますね。何度来ても新しい発見があります。年によっても時期によっても雪渓の残り方は大小様々に違います。こんなところで池塘があったっけ?花の時期になれば周りにどんな花が咲んだろう?でも雪渓が消えたら近づくことができなくなって確かめることができないのかもしれないし・・・

ところでブルーラインを車で登ってきた時の印象は意外と雪が少ないのかなと感じていました。でも長坂道尾根辺りまで来るといい感じで伏拝岳へと雪が繋がっているのがわかり、急にテンションが上がります。伏拝岳に後ろ髪をひかれつつ・・・

御浜小屋から日本海に向かって大斜面が広がっていて、今日はここを滑ることが大きな目的だったのでまずは一本。細板革靴の軽快だけどバランスとるのが難しいこの微妙なテレマークターンが、けっこう病みつきになる楽しさです。登り返して半ライスおかわりをしました。

雪渓の末端まで滑ったところから、飛島が眺められました。シーカヤックも漕ぎたくなります。

御浜小屋に登り返して鳥海湖へ。まだ湖は雪の下でした。でも雪が割れて湖に落ちたら大変なので湖畔をトレースします。蔵王の火口湖にバクカントリースキーヤーが滑りこんで溺死したという悲しいニュースを先日見たばかりです。

このときまた鳥海湖から蛇石流れに滑り込んで伏拝岳へと続く雪渓を登るのもいいなと思い付き悩みました。でも今日は道具がちょっと心配なので、扇子森往復くらいまでにすることにしました。

初日はこんなくらいで、久しぶりの鳥海山BCを存分に楽しませていただきました。

明日明後日の鳥海山BCにドキドキわくわく思いを馳せることにします。明日は祓川ルートを滑ることにします。

登りでは気が付かなかったのに、下山途中でシラネアオイの花を見つけました。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

鳥海山七高山~新山BC May17,2022

前日のうちに鉾立口から矢島口へ移動。鳥海山の中でもっとも遠い登山口ですが、ほぼ北面で残雪が多いので6月になっても安心して訪れることができるルートです。

ちょうど田植えが始まっていました。これぞ日本の原風景のお手本みたいです。カメラマンになって鳥海山と田植えの風景を一日中追っかけてみるのも楽しそうです。鳥海山の豊かな自然の恵みは、今も裾野の人々の生活を潤わせ続けています。今夜は飲もう!

祓川登山口までの車道沿いもスキーが十分できるくらいの残雪がありました。やっぱり今冬は大雪だったんだと納得です。そしてブナの森は新緑がいっせいに始まっていました。目の覚めるような美しい緑に思わず見とれてしまいます。

2日目の朝、標高約1200mの祓川登山口をスタート。ブナの森の森林限界の上くらいになるようで、ここからは厳しい風雨や積雪に痛めつけられた岳樺にたくさん出逢えます。

彼らのそのいびつで怪奇な樹形からは、厳しい大自然の中でたくましく生きる姿がダイレクトに感じられて圧倒されるばかりです。

先行者が前方に豆粒でいくつか見えるのを追うようにのんびりハイクアップです。途中でさえずるイワヒバリとたくさん出逢いました。けっこう人懐っこい小鳥です。

順調に七高山山頂到着。3年ぶりの景色ですが、変わらない景色です。もう少し時期がずれれば、登山道わきに高山植物の花が咲き始めますが、まだなんにも見られませんでした。隣に見える新山山頂には数人の登山者の人影がわかりました。

ちょっと休んで今度は新山往復。分岐から千蛇谷へはシートラして下降。そしてウロコ板のエッジを効かせて斜登行気味に登り新山山頂へ。

溶岩の大きな塊がごろごろしている山頂からの風景は迫力満点です。先ほどの人影はもうどこかへ消えていて、たったひとりの山頂でした。かすかに飛島や男鹿半島がわかりました。

新山往復から戻っていよいよダウンヒルです。登ってきた斜面よりも東側の百宅口からの斜面の方が雪面が奇麗なのが一目瞭然です。もちろんこちらを滑って、下部でトラバース気味に移動しながら祓川コースに戻ることに。

距離感麻痺の大大大斜面が広がります。どこまで滑ってどこで止まるか思考不能になってしまいます。

だから途中で心が落ち着かせる風景があるとほっとします。月山がやさしく微笑んでくれているようでした。お昼には下山。猿倉の温泉で汗を流した後、湯の台口へ 今日のうちに移動です。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

鳥海山伏拝岳BC偵察May18,2022

2019シーズンの滑り納め以来だから、3年ぶりの鳥海山BCでした。最終日の今日は湯の台口から伏拝岳を滑ってきました。帰りがけに上部ルートが正面に眺められました。かろうじて雪渓が繋がっているのがわかりますが、このルートは5月いっぱいくらいまで大丈夫な感じです。

今回は東北の日本海側だけ晴天が続くということで急遽計画しました。3日間とも天気に恵まれて3ルートを久しぶりにゆっくりと偵察できました。1日目は鳥海ブルーラインの鉾立口から御浜神社下の大斜面や鳥海湖周辺をお散歩偵察。2日目は矢島口から七高山~新山往復。そして最終日の今日は矢島口から伏拝岳往復。

実は鳥海山に通い始めて気が付いたら30年です。湯の台口からの今回のコースも何度登ったか、もう数えきれないです。 でも何度来てもBCの魅力いっぱいで色褪せることがないです。

伏拝岳山頂から昨日登った七高山が奥に眺められました。鉾立口からの登山者やスキーヤーが千蛇谷を登ってくるのが豆粒でわかります。

ゴジラの背のような新山。活火山の山です。浅間山や草津白根山とは違った火山の様子を感じることができて興味深いです。伏拝岳からの眺めはなかなかの迫力です。昨日はゴジラの背の上に立ちました。

ところでGW後のこの時期は、湯の台口ルートが一番静かなようです。やっぱり下部の道路の長い歩きだったり、中間部の雪渓の繋がり具合が迷路だったりするので初心者には難しかったりするからでしょう。そういえばまだGPSがなかった30年前は、赤旗をさして登ったのを思い出しました。

雪が緩むまでもう少し待ちたいところですが、今日は群馬に帰るのでさっさと下山です。

最後に楽しみにしていたブナの森。雪の上の茶色いのは落ち葉ばかりではないですよ。ブナの若葉を包んでいた薄皮です。いっせいに新緑が始まると残雪の上に落ち葉のように積もるのです。そして残雪のブナの森で、幸運なことにちょうど新緑が始まったばかりのタイミングでした。

森の中の空気が緑色に見えました。ブナの新緑の天井に囲まれて、まるで大聖堂のような空間に包まれているように感じました。

山頂の大斜面を目指すだけでなく、こういうブナの森の中をあてどもなくお散歩するのも楽しそうです。ただしスキーは快適に滑るというわけにはいかないです。

カテゴリー: エコツアー的, テレマークスキー, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

日本で最も美しい村六合MTBガイド偵察May,14 2022

今日は日本で最も美しい村六合の暮坂高原から隣の東吾妻町と長野原町にある吾妻渓谷や八ッ場あがつま湖を訪ねる周回コースを偵察してきました。高度差約600m以上距離約45㎞の半日コースでしたが、もちろんE-BIKEだからラクラクです。

まずは最高標高地点の高間峠約1200mへエッチラオッチラ。ここから舗装された林道を標高約560mの吾妻渓谷まで気持ち良いダウンヒルです。ローカルにしか知られていない林道なので途中ですれ違った車は1台だけでした。

道の駅あがつま峡手前の橋から吾妻渓谷10景の一つ弁天島を見学。そしていよいよ吾妻渓谷から八ッ場あがつま湖を目指します。

今ちょうど新緑が目に鮮やかに沁みる季節です。フジやホウノキなどの花も咲いていました。

道の駅吾妻峡に寄っても楽しそうですが、僕たちは十二沢Pでトイレ休憩しました。ここからは吾妻渓谷10景の屏風岩が見学できました。自転車は立ち入れませんが、ちょっと足を延ばせば、他にも日本一短い樽沢トンネルや八丁暗がりなど吾妻渓谷の見どころが楽しめます。そして長い長い吾妻峡トンネルを抜けるといよいよ八ッ場あがつま湖です。

満々と水をたたえた八ッ場あがつま湖は先ほどの吾妻渓谷の景色とは対照的に明るく開放的な気分にさせてくれます。ダムサイトで見学がてらゆっくり休憩するのもいいですね。

ところで、旅と酒をこよなく愛した若山牧水がこの景色を見たらどんな歌を詠んだのでしょうか・・・  ランチは道の駅八ッ場ふるさと館のコンビニで買って湖畔の公園でゆっくりいただきました。

ダムができる前の吾妻渓谷を知っているので、このあたりはこんな風景だったはずなんて 昔の風景を思い出しながらペダルを漕ぎます。E-BIKEだからこそ楽しめるのかなって思いました。 車だったらあっという間に通り過ぎてしまう風景ですから、そんな空想に耽っている暇は絶対ないでしょう。

雪融けの時期だからでしょうか、八ッ場あがつま湖のバックウオーターは満水です。 白砂川の旧国鉄太子線の鉄橋まで後退していました。

帰りは標高差約600mのヒルクライムが待っています。でもE-BIKEですからラクチン! 赤岩集落や旧太子駅を寄り道すればたっぷり1日コースになりますね。

暮坂高原では、ヤマツツジやトウゴクミツバツツジ、ウワミズザクラなどが今ちょうど見頃でした・・・

カテゴリー: エコツアー的, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする

芳ヶ平湿地群トレッキングガイドBコース偵察May,11 2022

国道最高地点にあるラムサール芳ヶ平湿地群展望台です。これから向かう芳ヶ平湿原の残雪状況も確認できました。今日は甥っ子夫婦たちのためにパスタランチを予約することができました。これこそまさに秘境グルメの旅です。(2015年の今頃ぴったんこカンカンでロケガイドした時のことを思い出します。)

渋峠からスキーツアーコースにもなっている登山道を午前10時に出発。もちろん登山道は厚い雪の下。最初はスキーでもスイスイ滑れる感じです。甥っ子夫婦たちは後ろから歩いてですが、斜面ではソリで滑って楽しみながらです。だまし平まではスムーズでしたが、いよいよ雪も途切れ途切れになり登山道を見失わないように進みます。

一度登山道とはまったく反対の方向へ道迷いしてしまい時間のロスをしました。この辺の地形に慣れているガイドだろうと油断は禁物です。ホワイトアウトしていたらひどい目にあうこと間違いなしです。

2時間かかってやっと芳ヶ平湿原にたどり着きました。でもさっき上から眺めた景色を今度は下から眺めるということで、今日のゲストの甥っ子夫婦も大感動していました。

芳ヶ平湿原は出発した時の渋峠の駐車場の喧騒とはかけ離れた別天地でした。火山ガスと小鳥たちのさえずりが聞こえてくるだけの静寂の世界でした。

ヒュッテでは予約していたパスタランチセットとデザートを美味しくいただきました。

秘境グルメの旅の目的達成です!食後はコーヒーとデザートで、ヒュッテのお洒落なインテリアに囲まれしばし楽しいおしゃべりのひと時を過ごしました。

帰りに湿原の片隅にひっそりとワタスゲの花が咲いていました。帰りも2時間ほどで下山できました。下山ですが帰りは登りになるのが芳ヶ平湿地群トレッキングガイドBコースです。今年は残雪が多いので安全に登山道が歩けるようになるのは早くても6月初旬です。たぶん6月中旬くらいまでは雪渓がどこかしら残っているのではと思います。とりあえず当分の間は道迷いや雪渓の踏み抜きなどリスクが高いコースです。

カテゴリー: エコツアー的, グルメ, トレッキング, 野反湖うらやまガイド | コメントする

ノゾリチャツお散歩ツアーガイド偵察May,10 2022

GW明けの野反湖です。今冬は大雪だったので、さすがに例年以上な感じの残雪です。野反湖キャンプ場の営業は5月20日からだそうです。釣りの解禁は5月1日から始まっていて、入漁券の販売の方は今週末5月13日からキャンプ場でも受け付けているとのことです。

今日は東京から新婚の甥っ子カップル20代が遊びに来たので、ちょっとアクティブなお散歩ツアーです。マサイチゲレンデでソリ遊びをしました。あまりの楽しさに何度も登り返しては滑って、雪まみれになっていました。

僕はというと細板短皮靴で何度も登り返してテレマークターンを存分に楽しませていただきました。もちろん本番のノゾリチャツツアーではこんなことはできません。偵察だからということで。でもゲストさんからリクエストがあればソリ準備しま~す!

今日のランチは野反峠休憩舎の野外テーブルで野反湖の絶景を眺めながら美味しくいただきました。ピザとスープの組み合わせがとってもおしゃれな雰囲気でお薦めです。

ランチの後シラネアオイの開花状況を確認してきましたが、やっとツボミが膨らみ始めている株がちらほらあるくらいで、まだまだこれからという感じです。今週末早いものは開花しているでしょうが、見頃は2週間くらい先になるかなぁ。個人的見解ですから責任は持てませんが。

午後はチャツボミゴケ公園へ。GW中の5月4日に訪れたばかりですが、季節はどんどん進んでいるのを感じました。

こちらのレンゲツツジも温泉沢の湯滝沿いでは開花し始めていました。野反湖ではまだ芽吹いていない岳樺もこちらではいよいよ新緑の若葉が開き始めていました。そして穴地獄のそばの池からはモリアオガエルの鳴き声もどこからか聞こえてきました。

下山後は今日もジェラートです。新作のサンショウにチャツボミゴケをトッピングしてもらいました。爽やかな風味でお薦めです。ノゾリチャツツアーのお問い合わせ・ご予約はこちら中之条町観光協会からです。

カテゴリー: エコツアー的, グルメ, テレマークスキー, 野反湖うらやまガイド | コメントする

日本で最も美しい村六合のMTB古道巡りMay,8 2022

連休最後の日も天気に恵まれたのでE-MTBで万沢林道をツーリングしてきました。六合の山はまさに新緑が始まったばかりで、MTBで走りながら感じる風は最高に気持ち良かったです。

白砂川の深い渓谷にいったん下って、いよいよ万沢峠目指して林道をヒルクライムです。今日はE-BIKEなのでもちろんラクラクです。最近E-BIKEがどんどん普及してきているので、そういったツアーの良さや楽しさもガイドしていけたらと考えています。

ところでE-BIKEとは対極にあるビンテージバイクのイベント、エロイカジャパンが5月22日に3年ぶりに開催されます。そして、万沢林道がロングの部のコースの一部になり、たくさんのビンテージバイクが走り抜けます。 万沢峠越えに挑むサイクリストたちなんて、きっとよほどの強者達ですよ。

なんちゃって、実は僕も3年前の2019エロイカジャパンでロングコースに参加させていただきました。それはそれは素晴らしい体験でした。興味のある方は5月13日までまだエントリー受付中ですので、ぜひ自らペダルを漕いでみてください。

林道ですからかつて森の木を伐採した仕事道です。今はもう使われなくなった林道などもかすかに残っています。そういった林道がスパトレというトレイルランのイベントでコースとして整備されたこともありました。しかしながらどんどん廃れているのが現状です。

伝統的な木工なども含めて林業が栄えた六合村ですが、今や林道も古道化しているなぁと実感しました。

道は人が利用しなければどんどん森の中に埋没していきますが、なんかもったいないですね。ツーリズムで活用する価値が眠っているのではないでしょうか。

万沢峠の広場からは雪模様の横手山や芳ヶ平湿地群、草津白根山などが新緑が始まった樹林越しに眺められました。

そして、ミツバツツジの紫の花やオオカメノキの白い花もちらほら咲き始めていますよ・・・・

カテゴリー: エコツアー的, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド | コメントする