尾瀬・至仏山BC2021

先週の偵察の時はガスで視界不良の中のハイクアップでしたが、今日は最高の青空に恵まれました。風もなく穏やかで快調に山頂を目指すことが出来ました。

戸倉を午前7時に出発。鳩待峠午前8時40分通過。至仏山山頂午前11時40分とうちゃこ。イワヒバリが僕たちを歓迎しているかのように出迎えてくれました。

360度の絶景を楽しむことが出来ました。まずは一人でムジナ沢の雪の様子を偵察です。ムジナ沢の北側斜面はカリカリのアイスバーンです。でも太陽の当たっている面はスーパーザラメのようです。なんとかムジナ沢のスーパーザラメを楽しめる滑降ラインまで今年1年目の初心者バックカントリースキーヤーでもアプローチできるルートを見つけることができました。

正午、後続のスキーヤーやボーダーが山頂に到着する前にドロップイン。気持ち良いザラメを存分に楽しむことが出来ました。

尾瀬ヶ原を眼下に思い思いのシュプールを描きました。

中間部で稜線まで登り返してゆっくりお昼にしました。昼寝したくなるような暖かい日になりました。

そして今度は尾瀬ヶ原目指してロングダウンヒルです。

標高差800mの広大なバーンはなかなかの滑り応えでした。

午後2時半尾瀬ヶ原。今度は燧ケ岳が出迎えてくれました。

午後の陽を浴びて輝くムジナ沢を振り返ります。4月になり午後の陽もさすがに長くなったのを感じます。

午後3時45分鳩待峠。戸倉午後4時15分ゴール。MTB&スキーお疲れ様でした!

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す