国境稜線の残雪が眩しい奥利根湖カヤックツアー偵察2021

2021シーズンの初漕ぎは奥利根湖でした。標高800mとはいえまだまだ湖畔のいたるところで残雪も見られ、ブナの原生林の森はちょうどこれから春の芽吹きが一斉に始まろうとしている季節でした。

4月初めに偵察したまだたっぷりな残雪の巻機山です。滑ったら気持ちいいだろうと思わずうっとりと眺めてしまいます。

方向は違いますが、今シーズン4回も滑った尾瀬至仏山も眺められました。尾瀬ヶ原からは想像できない荒々しい岩稜の山に見えます。

水面には時々流氷もプカプカと浮いていたりもします。沢や斜面の分厚い残雪が全層雪崩で崩れたものです。さらにこの季節は雪代が大量に流れ込んでいる湖の水温は相当冷たいので、沈は禁物。大きな危険とは紙一重です。

これから残雪が消えていくとともにブナの原生林の森は新緑が眩しい季節に移っていくことでしょう。

今日は奈良沢源流を偵察してみました。奥利根本流よりも広々とした雰囲気があって高い山々の残雪の景色も楽しめそうです。まずは幽ノ沢バックウオーターに寄り道してみました。

今回一番の発見として驚いたのは、奥利根湖でイワウチワのこんなにたくさんの群生が楽しめることです。いたるところ湖畔の薄暗い林床のような場所で満開でした。カヤックで楽しむイワウチワの花ツアーなんてのもいいかもです!

断崖の高いところにイワウチワに混じってショウジョウバカマも発見。

オオカメノキの白い花の開花はいよいよカウントダウンってところです。

そんな中でまんさくやハンノキ、イタヤカエデなどの黄色い花がポツンポツンと山を彩っていました。

そして奈良沢バックウオーターではヤマザクラのピンクにも出逢えました。

のんびりパドルを漕ぎながら桜のお花見です。

奈良沢バックウオーターに上陸してランチ休憩。上越国境の山々から吹き下ろしてくる風はさすがに冷たいですが、春の陽射しが温かいのでちょうど気持ちいいくらいです。

まだ残雪が見られる河原にはフキノトウもありました。

そういえばコブシの白い花もいたるところで青空に映えて綺麗でした。ランチ休憩の後コツナギ沢バックウオーターにも寄り道してみました。

それまでカルガモなどの水鳥たちもたくさん見られましたが、この静かな入り江の奥では突然現れたカヤッカーに驚いたクマタカやニホンジカに出逢えたのはラッキーでした。

これから新緑が始まる奥利根湖はパドリングがとっても楽しい季節です。次回はぜひ奥利根本流バックウオーターへ漕ぎ入ってみたいと思います・・・

カテゴリー: エコツアー的, カヤック・シーカヤック, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す