新緑の芳ヶ平湿地群トレッキングガイド2021

梅雨入り前の好天続きに恵まれて、今日は渋峠からチャツボミゴケ公園まで、標高差1000mダウンヒル縦走の芳ヶ平湿地群トレッキングガイドでした。

渋峠を午前9時半スタート。塔の池ではサンショウウオの卵塊が観察できました。

ゆっくり歩きました。今回のトレッキングガイドでは、ゴールのチャツボミゴケ公園まで赤と白どっちの花が多いのか観察しながら歩くというお題をゲストの方にお出ししました。例えばイワナシやアズマシャクナゲは赤系で1ポイント、ミツバオウレンやワタスゲ(花じゃないけど)は白系で1ポイントという基準です。このゲーム、結構楽しかったです。

午前11時半、予約しておいたヒュッテでパスタランチ休憩。今日のおまかせパスタはムール貝のパスタでとってもデリシャスでした。

午後12時半、昨年の6月10日に開通したばかりのオムスビ山登山道で大平湿原へ。この新しい登山道だと今までの登山ルートよりも短い距離でチャツボミゴケ公園に下山することが出来ます。また登山道からのロケーションもフレッシュで気分いいです!

ただしガッパ岩から急坂が待っています。下りはもちろん楽ちんですが、登りはきついので旧ルートを迂回するのもありかもです。

午後1時半、オムスビ山登山道から大平湿原へ。振り返ると下ってきた登山道が眺められます。まだ一年目なので笹の切り株が歩きにくいです。これからたくさんの登山者に歩いてもらえば、だんだんと登山道らしくなっていくことでしょう。

サラサドウダンツツジは赤系の1ポイントです。チャツボミゴケ公園午後4時とうちゃこ。花の紅白対決は、赤12ポイント、白13ポイントで、白組勝利でした!ということは黄色系も含めれば25種類以上の花に巡り合えたということですね。今日のゲストさん、天気に恵まれて登山道のコンデョションも最高で本当に良かったですね。お疲れ様&大変ありがとうございました。

カテゴリー: エコツアー的, グルメ, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す