日本で最も美しい村六合を巡るバス旅ガイド2021

かつて六合村だった時代、六合三景なんてキャッチフレーズが使われていたような憶えがあります。三景とは野反湖、芳ヶ平そして暮坂峠です。今日はそんな六合のもっとも美しい風景の場所を3箇所巡るバスツアーの現地ガイドをしてきました。そして、最初に訪れたのは芳ヶ平湿地群の登録地の一つチャツボミゴケ公園です。

午前10時に9名のゲストの皆さんとミートしてチャツボミゴケを見て回りました。数日前よりもさらに萌え立っていて、深緑の森の中でチャツボミゴケの蛍光グリーンが眩しいくらいの輝きを放っていました。

この場所は2年近くぶりに復活です!チャツボミゴケの生態は本当にまだまだ謎だらけです。

そして野反湖へバス移動。毎日梅雨空が続いていましたが、今日はどうやら天気に恵まれました。午後になっても雷雨の心配はなさそうで天気が持ちそうです。

天空の湖野反湖の草原ではいたるところでニッコウキスゲが咲き乱れていました。そして今一番見頃な場所へご案内。今年のニッコウキスゲは7月の4連休くらいまで楽しめそうです。そして、コマクサのお花畑にも。途中でたくさんのお花が見られて、ゲストの皆さんは大喜びでした。

最後に暮坂高原の山之上庭園を訪れました。ちょっと遅くなりましたが、花豆カレーのランチをおしゃれなカフェでご馳走になりました。カレーに花豆は合いますね、とても美味しかったです。

食後に30分くらいゲストさんたちと山之上庭園を散歩しました。暮坂高原は標高1000m前後の六合三景の中でもっとも人里っぽい場所ですが、若山牧水もたくさんの歌を遺したことからわかるように、自然豊かな里山の風景が楽しめます。

また山之上庭園の中には、中之条ビエンナーレの作家が造った彫刻も楽しむことが出来ます。

お休みどころのベンチもたくさん設置されていて、ゆっくり森の空気や花を楽しむには最高の庭園です。

山之上庭園で豪快に咲くエーデルワイスのお花畑を前にして、ゲストの皆さんは野反湖で見た清楚なウスユキソウの話題で盛り上がりましたが、こんなエピソードはきっと他所では体験できないことでしょう。

そしてこのコマクサは、どこで咲いているお花でしょう? そうなんです、先ほど見て来た野反湖のコマクサではなくて、今同時に咲いている山之上庭園のコマクサです・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す