雲海に浮かぶぐんま県境稜線トレイル2021

久しぶりに雲海の稜線トレイルのパノラマを堪能しました。やっぱり早起きは三文の徳です。

堂岩山から上の間山にかけて燦燦と輝く9月の陽の光を浴びて気持ち良く歩けました。

ラジオでは富士山の初冠雪を報じていましたが、なるほど何となく白い富士山が見えましたよ。

これから10月初旬にかけて稜線の木々はどんどん色付きが濃くなっていきます。

下界では30度を超える真夏日になるようですが、2000mの稜線にはキャプリーン一枚ではもう寒いかなと感じます。

白砂山山頂からは槍ヶ岳もバッチリ見えました。

中之条盆地にも雲が広がっていましたが、こちらは切れ始めているようで、まるで潮が引いていく感じでした。

それに比べて上の間山方面はまだまだ満潮です。

今日は赤沢山の少し先まで頑張りました。

帰りはバテバテで、ザレ場のお花畑が疲れを癒してくれました。

秋色に染まって風にそよぐイワショウブがなんとも愛らしく感じられました・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す