ラムサール条約登録地芳ヶ平湿地群お散歩ツアー2021秋

延期になっていた中之条ビエンナーレもいよいよ始まりました。これから1か月間の開催です。中之条町も久々に観光客がたくさん訪れてにぎやかになりそうです。そして志賀草津道路も観光バスが少しずつ増えてきています。人の流れが明らかに大きくなってきていることを感じます。

今日は青森からのゲストさんをラムお散歩ツアーにガイドです。緊急事態宣言でこのツアーを一度キャンセルされたそうで、今回素晴らしい秋晴れの日に念願が叶っての参加ということです。富士山も眺められて大感激されていました。

芳ヶ平湿地群展望台からの絶景を堪能した後、風さんの新そばランチを楽しんでチャツボミゴケ公園へ。

今秋のチャツボミゴケは見応え十分の素晴らしい生育状態です。昨年も今年も台風や豪雨などの災害の被害がないことと、秋になってこのところの気候条件の良さからでしょう。温泉大滝にもチャツボミゴケがびっしりと張り付いていました。

湯滝の下のチャツボミ河原もご覧の通りです。

そして穴地獄です。チャツボミゴケの蛍光グリーンに圧倒されそうになるほどの光景を前にして、ゲストさんが「奥入瀬のコケは負けたな。」と青森訛りでつぶやかれていました。

チャツボミゴケ公園の紅葉はまだちょっと早いです。いよいよこれから紅葉とチャツボミゴケのここでしか味わえない色彩のコラボレーションが楽しめます。10月下旬頃が見頃でしょうか・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す