晩秋の芳ヶ平湿地群トレッキングガイド2021

チャツボミゴケ公園穴地獄から紅葉真っ盛りの水池、大池を巡って大平湿原へ。大池ではつがいのカルガモが鏡のような水面を気持ちよさそうに浮かんでいました。

大平湿原のカラマツが今まさに見ごろのようですが、先日降った雪の模様が芳ヶ平湿地群の厳しい冬の訪れを感じさせてくれます。

おむすび山登山道の急坂を元気よくハイクアップ。登るごとに振り返ると広がる大平湿原を見下ろしながら、中之条町の広さと大自然の豊かさに驚かれていました。

ヒュッテのパスタランチの前に、芳ヶ平湿原をひと回りしてくることに。もちろん誰にも逢わず僕たちの貸切の湿原でした。初冬の美しい情景の中に包まれた木道の散策をゆっくりと味わってきました。

今日のおまかせは、ホタテのクリームソースのパスタでした。雪にあやかってでしょうか、粉チーズがたっぷりです。ゲストの皆さんと楽しくランチタイムを過ごしました。

ちょっと天気が下り坂で雨が心配でしたが、八石山から平兵衛池経由のコースで歩きました。

おむすび山コースの下りは、すっかり黄金色に染まった岳樺やカラマツの森の中へ飛び込んでいくかのようです。 刈った笹の根元が少し引っ掛かりましたが、路面がフワフワで柔らかいので足に負担の少ない快適な下りでした。

大平湿原からポツポツと落ちてきましたが、皆さんむしろ雨がぱらつく芳ヶ平湿地群の風景も楽しんでいるようでした。

午後3時30分、予定通りの時間に穴地獄とうちゃこ。蛍光グリーンに輝やくチャツボミゴケがいつものように登山者の僕たちの疲れを癒してくれるかのように出迎えてくれました。そして下山後は売店名物の花豆ジェラートにチャツボミゴケジェラートをトッピングしてもらって、みんなで下山祝いでした。

翌朝の芳ヶ平湿地群です。夜半激しく降っていた雨は、高い山ではまた雪だったようです。今年3度目の冬化粧かな。そろそろ里にも白いものが舞いそうですよ。

カテゴリー: エコツアー的, グルメ, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

晩秋の芳ヶ平湿地群トレッキングガイド2021 への2件のフィードバック

  1. 京須美智子 のコメント:

    昨日、お天気に恵まれてラッキーな事に日本国道最高地点と、分水嶺 芳ヶ平湿原を遠望できました
     チャツボミゴケは昨年より緑濃く大きく成長してました
    次回は芳ヶ平湿原の散策を希望したいです😀何月が一番キレイですか?
    再チャレンジしたいです

    • 山雨海風 のコメント:

       コメントありがとうございます。
      午前10時に開通したとのこと、本当にラッキーなツアーでしたね。
      その日私たちも展望台から景色を見て渋峠から芳ヶ平湿原に下る予定でしたが、
      朝8時の時点では通行止めだったので計画変更してチャツボミゴケ公園からハイクアップしました。
      ちょうど12時頃芳ヶ平湿原の木道を歩いたのですが、
      下から見た展望台の高さはガスに包まれていました。
      11時頃に展望台にいた京須さんたちは素晴らしいパノラマを楽しんだとのこと、
      これはめちゃくちゃラッキーだったことになりますね。
       芳ヶ平湿原が一番人気の季節は7月のワタスゲの頃と9月下旬の草紅葉の頃です。
      チャレンジお待ちしています。

コメントを残す