白砂山の初冬の景色2021

2021年10月24日午前11時頃の白砂山です。登山道上には深いところでは3~40センチの新雪が積もっていました。穏やかな晴天に恵まれたので、先行する登山者の足跡がすでにいくつも残されていました。ここから先はツボ足ラッセルが大変でしょう。

堂岩池も雪の中に閉ざされる寸前でした。1か月前に来たとき、まだクロサンショウウオのオタマジャクシが泳いでいましたが、無事成長して森の中へ旅立っていったでしょうか。

渋沢に切れ落ちる八十三山も雪を纏っていっそう迫力を感じました。

こちらは猟師の頭付近から見た白砂山です。

エビのシッポも見つけました。

猟師の頭から引き返して堂岩分岐から八間山経由で下山しました。やはり10月下旬ですから地温が高いので雪が融けやすいです。登山道はぐちゃぐちゃのぬかるみになっているところが多かったですよ。

でも御覧の通り白砂山から三坂峠までの縦走は、本格的な雪山重装備ですね。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す