第4回シークレットkuniパウダーガイド2022

1月3連休の3日目も絶好のBC日和に恵まれました。今日のツアーも、登りも下りも標高差1000m以上ある本格的な山スキーコースでした。ガッツリ登って静かなコースの滑りを楽しみたいというリクエストです。

雪の上に残るたくさんの動物たちの足跡を横切りながら一歩一歩ハイクアップしていきます。途中で何度か休憩した時の暖かい飲み物やおやつが、なんておいしく感じられることか。

ミズナラやブナ、ウリハダカエデの落葉広葉樹の森から、やがてコメツガやトウヒ、オオシラビソなどの亜高山帯針葉樹の森へ分け入ります。雪を纏った巨樹の森は、まるでおとぎの国へ迷い込んでしまったかのようです。

お昼を少し過ぎた頃、山頂とうちゃこ。2217mの山頂でも無風快晴で、こんなに穏やかな雪山はなかなか巡り合えないです。ゲストさんたちはゆっくり山頂カップ麺を楽しんでいました。

360度の展望は、北アルプスから妙高、奥志賀、野反、白砂、尾瀬、上州武尊、日光、赤城、榛名、浅間、草津白根、四阿…と、いつまで眺めても見飽きることはありません。

さあ、いよいよお待ちかねのダウンヒルです。標高差1000m以上の滑りを楽しみながら下ります。今日はラッキーなことに、良い天気がずっと続いているにもかかわらずパウダースノーにも恵まれました。

バックカントリースキーの醍醐味は、やっぱりなんといってもハイクアップを頑張ったからこそ味わえる滑りの楽しさでしょう。

様々な斜面をいくつもいくつもつないで目指すボトムへ滑り降りていきました。

お疲れ様! 今日のゲストさんたち、きっと充実感と達成感をいっぱい感じてくれたことでしょう。

カテゴリー: エコツアー的, バックカントリースキー, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す