紅葉の沢登コース

ダイモンジソウと滝

ダイモンジソウと滝

 

朝から素晴らしい青空に恵まれて、

今日は最高の沢登ツアー日和でした。

渓を吹く風はもう秋風で、

はやくも色づいた木々の葉っぱが時折パラパラと舞い落ちてきます。

一条の滝でハイポーズ

一条の滝でハイポーズ

 

白糸の滝、箱の滝、一条の滝、屈折120度の滝、2段の滝などを巡るコースは、

沢登り初めてでも、女性でも、安全で楽しく六合の大自然を満喫できるコースです。

(今日のゲストの女性は、ボルダリングを少し体験したことがあるそうです。)

屈折120度の滝でもパチリ

屈折120度の滝でもパチリ

 

屈折120度の滝には深い滝壺があって、

このエメラルドブルーがなんとも神秘的です。

そして太陽の光がこの水しぶきに反射して、

まさにプルズムとなって虹が出ていました。

サワギキョウ群生地

サワギキョウ群生地

 

沢登というのは日本の伝統的登山スタイルです。

昔からの六合の猟師は、白砂や赤石など奥深い山々へは沢を歩いて猟をしました。

白砂やガランの沢には、

強者の猟師たちが縄張りにした猟場の名前がいくつも残っていますね。

のんびり滝巡りを楽しむ今日のような1日コースの他に、

源頭をまで詰めて芳ヶ平湿原まで目指すロングコース、

チャツボミゴケ公園へ下山するコースなどもあり、

これから紅葉が綺麗な10月中旬ころまで楽しめます。

(1泊2日で赤い屋根の芳ヶ平ヒュッテまたは県境の宿渋峠ホテルで宿泊もできます。)

 

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 沢登り, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す