野反湖登山情報・白砂山(2014年9月21日)

140921sira01

 

山岳会の月例山行とプライベートの調査を兼ねて白砂山に登ってきました。

手前味噌に聞こえるかもですが、何度登っても良い山です。

なぜ百名山からこぼれ落ちたのか不思議としかいいようがないです。

大正6年10月15日、日高信六郎が苦労して登山道無きこの山に、

記録として残っている登山者としての初登頂を成し遂げています。

山の格式からいくといい線いってるんですけどネ・・・

140921sira02

 

そんな登山道が無かった時代からすると今は快適登山です。

今回のコースは白砂山登山口からスタートして富士見峠に下山しました。

富士見峠に車を1台デポして、

午前7時15分白砂山登山口から白砂山目指して出発。

白砂山頂午前11時01分着。

帰路は堂岩山三叉路から八間山経由で富士見峠に下山するコースで歩いて、

午後3時26分富士見峠駐車場着です。

野反湖うらやまガイドIMG_8766

 

コースタイムは休憩時間など入れて8~9時間。

堂岩山から白砂山の稜線漫歩は、

ナナカマドやドウダンツツジの紅葉や岳樺の黄葉が、

ハイマツや熊笹の緑に映えて見事でした。

帰路、白砂山から八間山までの歩きやすい刈り払い道の稜線漫歩も最高です。

白砂山登山口から単純に往復するよりずっと変化に富んだパノラマが楽しめます。

野反湖うらやまガイドIMG_8810

 

そして今回は白砂山からチョコッと藪漕いで三県境のピークまで。

見た目よりずっと楽な藪漕ぎです。

上ノ間山や忠次郎山、上ノ倉山へと続く稜線の景色を観たければ、

ぜひそこまで足を延ばしてほしいところです。

 

野反湖うらやまガイドIMG_8803

 

さらに苗場山や神楽峰へと続く稜線も眺められます。

苗場山頂からの池沼の紅葉の眺めも最高ですよね。

野反湖うらやまガイドIMG_8804

 

ところで最近、八間山頂の朽ちかけた小屋を避難小屋という人が増えてきたので、

ここでちょっと書いておきます。

昔の気象観測小屋の残骸です。

前橋地方気象台が国有林に建てたものですが、

もうとっくに借受期間が失効しているので普通なら更地で返還でしょうが、

避難小屋代わりになるのでそのまま残されたのかもしれません。

 

野反湖うらやまガイドIMG_8834

 

これから10月中旬くらいまで、白砂山登山お薦めです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す