六合の里山を巡る小さな旅Oct.26 2022

この秋最高の青空に恵まれました。今週末の紅葉が楽しめるガイドの偵察です。

今週末のガイドでは、標高1000mから1300mくらいが一番紅葉がいいかもですね。だいぶん葉っぱも落ちて見通しも良くなりました。森の中に燦燦と日が射し込んで、楓がいっそう美しく輝いていました。

天狗様をかつて祀っていたとされる里山の岩尾根の末端は素晴らしい展望台です。

正面に見えるのは草津白根山です。普通のデジカメではとても入りきらないダイナミックな眺めです。

シークレットkuniパウダーガイドのバックカントリーも一望です。今冬も昨冬に引き続いて寒い冬になりそうとの長期予報が聞こえてきています。ワクワクしてきますね。

ここに来るといつも獣の叫び声が谷の奥から聞こえてきます。人間の気配を感じて警戒しているのがわかります。

昔話を思い出すと、たしか山の上で災いを起こして里人を困らせてばかりの天狗様をこの滝の下流の天狗神社に下して祀っているとのことです。

E-MTB&トレッキングで紅葉が見ごろな六合の里山を偵察してきました。

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, マウンテンバイク, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す