スノーシューガイド偵察December,3 2022

大平湿原まで歩いてきました。池ノ塔山の雪もかなり融けてしまいました。ちょうど一週間前、あの稜線をスキーでトラバースしてたことが夢のようです。 そして12月の小春日和の芳ヶ平湿地群のロケーションは夢心地です。

お昼を知らせる草津温泉の鐘の音が聴こえてきたので、ゆっくりランチ休憩としました。気温は低そうだけど風がないから陽射しが暖かいです。

帰りは八石山から平兵衛池に寄り道してみました。厚く降り積もった落ち葉の上に、さらに薄く雪化粧した登山道を歩くのは気持ちいいです。

そしてサプライズ! なんと平兵衛池が凍り始めていました。こんな珍しい光景に出逢えたのは初めてです。とてもラッキー。

主である大蛇もさすがに池の底で冬眠されていることでしょう。夏の間見られたカルガモファミリーももちろん遠くの温かい湖沼に飛んでいったことでしょう。

今度平兵衛池を訪れる時はきっとスノーシューで池の上を横断です。それには早くたくさん雪が積もってくれないとです。

ノリウツギのドライフラワーが垂れ下がっているのを見つけました。

行きで出逢ったサルの群れは、帰りはもうどこかへ移動していなくなっていました。サルたち以外、今日は誰にも会わない静かな里山を歩いてきました・・・

カテゴリー: エコツアー的, トレッキング, 野反湖うらやまガイド パーマリンク

コメントを残す